留袖は結婚式で親族が着用する正礼装です。

花嫁を引き立たせる黒留袖のイメージが強いですが、華やかな印象の色留袖もあります。

中古着物では、リメイクのしやすい黒留袖の人気が高まってきています。

ですが、留袖を着用する人は年々減少していて、結婚式のあり方がひと昔前とは違うこともその理由のひとつです。

着物を着用する場面が減ってしまうことは、仕方ありませんが不要の着物をそのまま自宅に保管しておくことは勿体無いと思いませんか。

留袖の買取価格を知って自宅の着物を次の世代の人へ引き継いで下さい。

留袖とは?

留袖とは黒留袖ともいわれ、既婚女性の第一礼装であり、結婚式に親族や仲人として参列する場合に一般的に着られている和服のことです。

全体が黒のものを黒留袖、色で染めてあるものを色留袖と言い、身内の結婚式に出席する際などに着用します。

黒留袖は既婚者のみの着用になりますが、色留袖は未婚者でも着用できます。

留袖の特徴は左右の裾(すそ)の部分褄(つま)にのみ模様を配していること、袖の振りが小さいことです。

江戸時代から、女性が18歳になった時や結婚した時には、女性がそれまで着ていた振袖の袖を切って短くしたといわれ、この風習が「留袖」と言われています。

留袖は単なる風習として、既婚女性が普段着用する着物のことを呼んでいましたが、19世紀の初め頃から、黒染めに5つの紋を入れ、裾のみに模様を配した着物を既婚女性の式服(結婚式や謝恩会などの正式な場に着用する着物)とする習慣が一般的になりました。

以来この着物を主に留袖と呼ぶようになり、留袖は普段着から最も格の高い着物へと変化しました。

五つ紋付、三つ紋付、一つ紋付などの種類があり、五つ紋の黒留袖は留袖のなかで最も格の高い正装です。

生地には“濱縮緬(はまちりめん)”や“丹後縮緬(たんごちりめん)”などの地模様のない縮緬を用いており、裾に模様が入れられています。

戦前は、白羽二重(しろはぶたえ)または白一越縮緬(しろひとこしちりめん)の下着と重ねて着用されており、丸帯が合わせられていましたが、1960年頃には下着の代わりに、付け比翼が一般的になりました。

帯についても1960~1970年代には袋帯や格調高くしつらえられた名古屋帯へと簡略化されていき、1980年代には袋帯が一般的になっていきました。

八掛(裾回し)は「無垢仕立て」と言い、必ず表と同じ生地を用いて仕立てられています。

留袖の種類

留袖の種類は、2種類です。

黒留袖と色留袖があって、その違いは以下の通りです。

【黒留袖】

黒留袖は既婚女性の第一礼装で、結納や結婚式、お宮参りなどの晴れの日に着るもので、他の着物に比べると着る機会が少ない着物です。

結婚式でも仲人の奥さん・新郎新婦の親姉妹などの近親者に限られます。

背中、前の左右、袖の左右に紋を5つ入れ、衿・裾が2枚に見える(比翼仕立て)ようにして着用します。

華やかな模様が裾に描かれていることも、黒留袖の特徴です。

【色留袖】

色留袖(いろとめそで)は、地色が黒以外の留袖を指し、黒留袖に次ぎ格式の高い着物です。

黒留袖ほど決まった形ではなく、未婚・既婚を問わず着用できます。

生地には地模様のない縮緬だけではなく、地模様が織り出された紋意匠縮緬や綸子(りんず)や緞子(どんす)、朱子地(しゅすじ)が用いられる場合もあり、紋は着用目的により、五つ紋、三つ紋、一つ紋、あるいは無紋などがあります。

着用の場によって紋の数や、比翼仕立てにするかしないかなどが変わります。

色留袖は留袖よりは気楽といえども格式が高く、場に合わせて着る事が難しいという印象を受けますが、現在は余り堅苦しくならずに、家族や近親者へのお祝いの場あれば色留袖を着用することが一般的になりつつあるようです。

3つ紋や1つ紋もありますがこの場合は準礼装となり、格式ある茶会やパーティなどで着用します。

結婚式・披露宴で着用できるのは親族の女性(新郎新婦の祖母やおば)、主賓、来賓なのが一般的です。

留袖ってそもそも売れるのか?

留袖を売りたいと考えている人にとって気になることが、留袖は売れるのかどうかですね。

留袖は売れます!

ただし、家紋が入っていることは、売れるかどうかには影響がありませんが、黒留袖は古い物が多く状態のよって買取状況が異なります。

誂えた時代がいつ頃であるか、正絹の質が高いか、柄入りが時代を感じさせないものか、など留袖でもランクが違ってきます。

さらに、黒留袖と色留袖でも買取には違いがあり、リメイクしやすい黒留袖は人気が高まっていますが、色留袖はあまり売りやすいとは言えません。

留袖が売れない場合って?

留袖に限ってではありませんが、着物の保管状態が悪くてカビやシミ、シワなどが目立つものはどの着物にも共通で買取を断られるケースが多いですね。

留袖が売れない場合に最も多いのは、柄によるケースです。

留袖の柄は祝い物が多く、鶴や牡丹、鳳凰、松竹梅、菊・オシドリなど花鳥山水、金糸銀糸がよく用いられます。

この柄入りが、刺繍か手書きがでも違いがあり、またレトロ調であれば人気がありますが、ただ古いと感じさせるものは売れません。

最近の傾向は刺繍物よりも手書きが好まれていますね。

また、黒留袖は黒無地部分の質が悪いものは他の着物に比べてはっきりと分かりますので、買取価格が低いか売れないことがあります。

色留袖については、着用機会があまり無いこともあって販売に結び付かない場合が多くて、やはり売れにくいか買取価格が低いと言えます。

口コミからわかる留袖の売買相場は

ここからは留袖の買取価格の相場を調査していきましょう。

まずは口コミを検証します。

長年タンスの肥しとなっていた留袖数点を買取っていただきました。

いくら着ない着物とはいえ、時々虫干しをしておりましたので、汚れや痛みは少なかったのですが、とにかく古いことが心配でした。それでも予想以上の金額に嬉しく思っています。

祖母から譲り受けていた古い着物を数十点買取ってもらいました。

黒留袖や色留袖をはじめ訪問着など、様々な種類がありましたが、汚れがついていた着物が少なかったこともあり、すべて買取っていただけました。

口コミからは高額で買取が出来たことが分かります。

留袖には本加賀友禅や京友禅、加賀友禅、有名老舗工房などの作品が多くあり、この場合は高額買取が期待出来るものです。

買取相場は、高いものだと数万円の値が付くこともありますが、状態が悪いものだと、数百円程度にしかならないケースもあって、他の着物に比べて買取価格に幅が見られます。

平均的な価格は1000円~3000円程度ということが分かりました。

私が勤めているリサイクルショップでも、留袖の相場は平均1000円程度です。

ただ、着用できる留袖の数は少なくて、リメイク用の生地として買い取る物が圧倒的に多いですね。

人気の柄は落ち着いた色目の小柄で、派手な大柄の刺繍、鶴や花模様、金糸などは敬遠されがちです。

模様入りは腰高になり過ぎていないこともポイントで、身長の低い人だと腰高に入った模様は合わせづらくなるので好まれません。

また、色留袖はピンク系が多く、中古着物市場ではあまり売れ筋のカラーではないことから黒留袖よりも価格は低めになると考えて下さい。

売却時に注意することとは?

留袖を売却する時に注意することを詳しく解説します。

1.状態の確認

留袖を買取してもらう際には、状態が査定の重要なポイントになってきます。

長期間の自宅保存でシミやカビ、シワなどが目立つ場合は簡単にお手入れをしておきましょう。

シミを抜くことは大変ですが、カビは固く絞った布で軽く拭き取るだけで取れるものもあるので、これだけで価格に違いが出ます。

また、畳み方が悪いとシワがたくさんできてしまうので、本畳みをして保管して下さい。

2、証紙を付ける

着物を購入した際には必ず証紙や証明書が付いてきます。

証紙や証明書の有無は買取金額にかなり大きく響いてきますので、着物を購入した際には捨てないように必ず自分が分かる場所に保管しておきましょう。

買取してもらう際にはその証書を着物と一緒に出すことを忘れないで下さい。

3、サイズを確認

着物のサイズが分からない人も多いですが、着物は裄というサイズ表示をします。

裄とは袖口から背中中心までの長さです。

裄丈64㎝以下、身丈が160㎝以下、袖丈49㎝から+-3㎝、このようなサイズの着物は買取価格があまり期待できないと考えて下さい。

また、袖の形は元禄袖と呼ばれる袖裾が丸くなった形も古いデザインなので買取価格が低めです。

どういう種類が高く売れる?

高く売れる留袖とはどういう種類のものか、着物の買取基準は色々あって分かりづらいですね。

例として高く売れる留袖をご紹介しますので、参考にして下さい。

1、京友禅と加賀友禅の黒留袖で、落ち着いた配色の絵柄も重要。

2、色留袖は落ち着いた図柄、上品な色遣いが人気。

3、有名作家による着物。

以上の場合は高額買取が期待出来るものです。

ですが、一般的な家庭に作家物や友禅の留袖を保管していることは少ないです。

一般的な留袖を高く売りたいのであれば、購入時期が新しい物、サイズが大きいこと、未使用に近い綺麗な状態であること、柄がシンプルで万人受けする物、などが挙げられます。

さらに、色留袖よりも黒留袖がより高く売れるケースが多いことも覚えておいて下さい。

高価で売れるコツ

高値で売れるコツとは?

・証紙や証明書を付ける

証紙や証明書は何度も書きますが、とても重要なものです。

あると無いとでは、驚くほど価格に影響が出るもので、祖母や母から譲り受けた時に捨ててしまわないように注意して着物と一緒に大切に保管して下さい。

・シミやシワを付けたままにしない

着物のシミやシワを取り除くことは慣れない人にはミスも多いのですが、出来るだけ取り除いておきたいですね。

アイロンを直接着物に押し付けない、大量の水で拭かない、など一般的な知識で出来ることでも着物の状態は大分違ってきます。

・売ると決めたら早めに売る!

着物の管理は大変です。

早めに手放すことも高く売る為には大事です。

長期保管でシミやシワを増やさないことを心掛けましょう。

・リサイクルショップや知識のない店では売らない

リサイクルショップは販売を目的に買取を行っています。

そのため、その店の販売需要を一番に考えて買取価格を設定しているので、高価な着物も低い買取価格になりやすいです。

知識のない人が査定する場合も同様で、着物の価値は客観的には分かりづらいものです。

これが留袖を少しでも高く売るコツです。

売るとしたら、どういうところがいい?

留袖を売ると決断したらどういうところへ売ればいいでしょうか。

大切な着物ですから少しでも高く売りたいですね。

1、リサイクルショップや質屋

留袖以外の着物もふくめ、一般的なリサイクルショップでは、なかなか買取価格がつかないのが現実です。

留袖は、オールシーズン着るため季節感のない柄が好まれ、証紙がある方が買取価格が高くなるのですが、リサイクルショップの場合には店員に着物の知識がなければ証紙の有無にかかわらず同価格とされてしまうことがあります。

実際私が査定する場合も柄を第一に考えて査定しますから、高価な着物も柄入りによっては買取価格を低く付けることがあります。

2、ネットオークションで出品する

インターネットオークションに出す方法です。

留袖など格式の高い着物は購入希望者も神経質になってしまうことがあり、シミや色目などが難しくなかなか販売までは繋がらないリスクを伴います。

3、着物買取業者に依頼する

着物買取専門店には着物に精通した専門の査定員がいるので、留袖の需要や紋についても詳しく、紋の有無にかかわらず買取ってくれます

特におすすめなのが、宅配買取よりも出張買取です!

宅配買取では価格に納得がいかない場合、返却送料が自己負担になることがあって査定は無料でもコストが掛かることがあります。

その点、出張買取ならキャンセル料も無料で、もちろん出張料・手数料なども掛かりません。

出張買取をおすすめしたい理由

【理由1、査定料、出張料、手数料が無料】

出張買取はネットから申込むだけと手軽で簡単、さらにすべての費用が無料で行えます。

上記でも触れましたが宅配買取の場合は、査定額に納得が出来ない時の返却送料が自己負担になる業者もあって、送料によるトラブルが口コミでも目立ちます。

【理由2、手間が掛からない】

出張買取では、自宅に査定員が訪問してくれるため、重い着物を運ぶ手間も必要ありません。

着物を梱包する手間と時間まで省けます。

さらに、一番のおススメポイントは手間が掛からないからまとめて売却が出来ることです。

【理由3、知識のある査定員が査定してくれる】

着物に知識がない人は、着物の価値が分からないので査定額が高いのか、安いのかも分からないですね。

その点、出張買取ではプロの査定員が対面で着物を査定してくれるので、分からないところは質問が出来ます。

リサイクルショップや宅配買取に不安がある人でも、知識が豊富な出張買取の査定員なら安心です。

【理由4、その場で現金化出来る】

自宅で査定が終了、買取が成立すればその場で現金を受け渡してくれます。

おススメ出張買取業者ベスト3

1位、 バイセル

おススメランキング1位のバイセルは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇り、高額買取に自信があります。

出張査定を初めて利用する人でも安心できるように、女性の査定員を指名できるサービスも人気の理由です。

知識の豊富な査定員を取り揃えているので、着物に詳しくない人でも信頼して任せられます。

留袖のような格式の高い着物は、知識が無いとその価値を見極めることは難しいですね。

さらにバイセルでは、出張料などの費用は全て無料で、もし査定額に納得できなかった場合のキャンセル料も一切かかりません。

出張買取の地域は全国に対応しています。

 

>>バイセルの公式サイトはこちら

2位、着物買取プレミアム

2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

留袖は代々譲り受けていることも多くて、自宅に数枚を保管している人も少なくないです。

まとめて留袖を処分したい人にこそ、買取プレミアムをおススメします。

 

>>買取プレミアムの公式サイトはこちら

3位、着物買取専門の福ちゃん

ランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

経験豊富な査定員が多く在籍しているので、質の高い黒紋付なら高額買取を期待してもいいでしょう。

更に福ちゃんでは、より高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

長期保存の留袖も福ちゃんなら買取を断られることがありません。

また、着物買取ネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できることも1つのポイントです。

以上の買取業者は、口コミの評判も高くアフターフォローや、クーリングオフ制度もしっかりしています。

押し買いなどで不快な思いをすることもなく、着物を売却出来ます。

>>福ちゃんの公式サイトはこちら

まとめ

留袖を高く売るなら、出張買取をおススメします。

リサイクルショップやネットオークションでは売りづらかった留袖でも、出張買取ならその場で現金化出来るので手軽で便利です。

買取価格も知識のある査定員がしっかりと査定しますから、安心で納得が出来るものです。

おすすめ業者をぜひ参考にして下さい。