羽織は着物の上から着るだけで、着物姿をきりっとした印象に仕上げてくれるため、一枚はお持ちのアイテムではないでしょうか。

昭和時代にアンサンブル着物が流行した時、着物と羽織をお揃いで誂えてお正月に着ていたという人も多いですね。

最近では、羽織の需要も減ってしまいリサイクルショップでも安価で手に入るようになりました。

レトロな雰囲気がある、丈の長めの羽織は、一部の着物ファンの間では人気がありますが、一般的な羽織となるとどうでしょう。

そこで今回は、自宅にある羽織を処分したいと検討中の人に、羽織の買取相場をご紹介します。

羽織とは?

着物の上着で、防寒や塵除け、おしゃれ目的で着用します。

衿は外側に折り返したようになっていて、きものの衿に沿わせるようにして羽織ります。

帯付き姿では、肌寒いと感じる季節に、さりげなくはおることで着物姿をより優美に表現出来ます。

道行きやコートと違い、室内でも着用していて良いとされます。

丈や生地、色柄については好みやきものとの調和によって様々に選ぶことが出来て、裏地をつけて仕立てる「袷羽織」、裏地無で仕立てる「単衣羽織」、「夏羽織」と呼ばれる、夏用に絽や紗、羅、レースなどの涼し気な透けた素材で単衣にする仕立てがあります。

かつては、紋付きの黒羽織を準礼装としてよく見かける時代もありましたが、その後羽織を着る人が少なくなっていました。

最近になって若い人がお洒落を目的として、長羽織を着用するようになりました。

クラシックな雰囲気が漂う羽織は、着物通にも人気があります。

羽織の種類

羽織はお洒落を目的に選びますので、その種類は様々です。

袷羽織

裏地をつけて仕立てたものを袷羽織といいます。

柄には無地や絵羽柄、小紋柄、織柄などがあり、目的や着物との調和で着分けます。

単衣羽織

袷の羽織に対して、裏をつけず単衣仕立てにした羽織のことで、夏羽織ともいいます。

着用期間4月中旬~5月頃まで、9月下旬頃~10月頃までと着用期間がとても短く、最近ではあまり見かけませんが、例外としてウール素材のものは単衣仕立てにすることが多く、袷の時期、袷のきものの上に着用します。

夏羽織

夏用の羽織で、うすものと呼ばれる透ける生地の絽や紗、羅、麻やレースなどの生地を用いて単衣仕立てにします。

初夏の6月や初秋の9月頃のものですが、暑い季節に一枚多く着ることから、改まった席などでの着用が多いようです。

絽や紗の夏羽織に一つ紋、または三つ紋をつけると略礼装にできます。

茶羽織

普通の羽織と違い、脇の襠がありません。

丈は腰くらいの短めで、袖も短めで元禄袖に仕立てられます。

羽織紐は使わず、衿に縫い付けられた共布の紐を結んで着用します。

気楽に羽織れる家庭着として用いられました。

絵羽羽織

絵羽模様のついたもので、訪問、外出用に用いられていました。

肩から裾にかけての全面を利用して模様の入った絵羽柄の羽織は、お正月や観劇、会食などのお出かけに着用されました。

羽織ってそもそも売れるのか?

羽織は売れます

ただし、羽織は買取価格が低いケースが多いので注意して下さい。

また、羽織で着用することが出来なくなった古いものでも、リメイク用として売れますので、諦めないで買取に出して下さい。

羽織が売れない場合って?

羽織が売れない場合とはどのような理由でしょう。

1、色柄が古い

レトロ柄は人気があります。

例えば、黒地で大きな花柄や、青や緑を使った羽織はレトロ柄として需要が高く、長羽織も人気です。

しかし、昭和40年代ごろに作られた羽織は鴇色(くすんだピンク系)や、朱色、茜色、藤紫色などが流行したようで、大量に持ち込まれています。

この色は花嫁道具として母親が娘に誂えた色のため、40代以上の人には人気がないのです。

さらに、絵羽羽織の柄は特に時代を感じさせるものが多く、お洒落を目的とした場合、時代遅れとなる羽織が多いです。

また、黒紋付き羽織は需要がほとんど無い為、売れません。

2、状態が悪い

着物全般に言えることですが、汚れやシミ、シワ、カビなどが目立つ物、また正絹ではない素材(ウールや化繊)は売れない、または低価格になりやすいです。

30年~40年前に誂えた羽織を一度も着用しないまま、保管していた人も多いので羽織の状態は灰汁シミやカビが発生しています。

また、冬物に多いウールの羽織も売れません

一度羽織の状態を確認しましょう。

3、サイズも重要

着物は誂えた人のサイズであるため、裄や身幅が極端に小さいものや大きいものは買取を断られることがあります。

祖母から譲り受けた更紗が裄64㎝以下だった、この場合は売れにくいと判断して下さい。

茶羽織は、わざと裄と丈を短めに作り、袖も元禄袖といわれる丸みのある袖になっていますが、このデザインは売れません。

口コミからわかる羽織の売買相場は

大量に流出している羽織の相場は他の和装品に比べて低く、数十円から1000円前後です。

調査結果!平均買取価格は、500円前後になります。

売却時に注意することとは?

羽織を売却する時に注意することを詳しく解説します。

1.状態の確認

羽織を買取してもらう時は、着物の状態を確認して下さい。

長期間の自宅保存でシミやカビ、シワなどが目立つ場合は簡単にお手入れをしておきましょう。

羽織は気軽に着用できる上着で、塵除けや着物を守る役目もあり室内でも着用が出来るため、シミを付けやすい場面が多くてそのまま仕舞いこんでいると、カビの原因となります。

特に、食事中に付けた袖口や袂など汚れやすい部分のチェックも忘れないで下さい。

2、証紙を付ける

着物を購入した際には必ず証紙や証明書が付いてきます。

羽織も着物作家の作品が多く、落款が着物に入っているにも関わらず証紙が無い為に査定額が低くされるケースもあります。

伝統工芸品や有名工房もまた同様で、産地証明書を必ず保管しておきましょう。

3、サイズを確認

着物のサイズが分からない人も多いですが、着物は裄というサイズ表示をします。

裄とは袖口から背中中心までの長さです。

裄丈64㎝以下、身丈が160㎝以下、袖丈49㎝から+-3㎝、このようなサイズの着物は買取価格があまり期待できないと考えて下さい。

裄が67㎝以上の更紗は需要が高く、未使用品であれば相場以上が期待出来ます。

どういう種類が高く売れる?

羽織でどのような種類が高く売れるか? 詳しく解説します。

1、アンティークな羽織

伝統工芸品や人間国宝の作品はもちろん、戦前のアンティークのものも上述のように人気があり、高値が付くことがあります。

丈の長い長羽織、小紋羽織などは高く売れます。

また、羽裏と言われる裏地は外からは見えませんが、デザインや配色を考えた洒落たものが多くあり、この羽裏の色柄がお洒落な羽織も高く売れます

古いからと諦めないで、買取に出すことが大事ですね。

2、上品な柄や色

羽織で人気のある色は、浅葱色、萌葱色、木賊色といった落ち着いた上品な色が好まれています。

派手になり過ぎず、合わせやすい色、市松や鰹縞などの粋な柄も高く売れます。

高価で売れるコツ

高値で売れるコツとは?

・証紙や証明書を付ける

羽織で高価買取を目指すなら証紙や証明書があることが重要です。

あると無いとでは、驚くほど価格に影響が出るもので、購入時や祖母や母から譲り受けた時に捨ててしまわないように注意して着物と一緒に大切に保管して下さい。

証紙が無ければその価値は下がってしまいますので、注意して下さい。

・シミやシワを付けたままにしない

着物のシミやシワを取り除くことは慣れない人にはミスも多いのですが、出来るだけ取り除いておきたいですね。

アイロンを直接着物に押し付けない、大量の水で拭かない、など一般的な知識で出来ることでも着物の状態は大分違ってきます。

羽織の畳み方は慣れない人には苦労しますが、出来るだけシワにならないように畳んでおきましょう。

また、羽織は汚しやすいので、そのまま放置しないようにしましょう。

・売ると決めたら早めに売る!

着物の管理は大変です。

早めに手放すことも高く売る為には大事です。

長期保管でシミやシワを増やさないことを心掛けましょう。。

・リサイクルショップや知識のない店では売らない

リサイクルショップは販売を目的に買取を行っています。

そのため、その店の販売需要を一番に考えて買取価格を設定しているので、高価な着物も低い買取価格になりやすいです。

大量に出回る羽織は、まとめて値段を付けられることもあり。生地として買取されることもあります。

少しでも高く売りたいのなら知識のある業者に売りましょう。

以上が羽織を高く売るコツです。

売るとしたら、どういうところがいい?

買取相場が低い羽織を少しでも高く売りたい!

では、どういうところに売るといいでしょう。

1、リサイクルショップや質屋

一般的なリサイクルショップでは、着物はなかなか買取価格がつかないのが現実です。

有名作家の作品でも、リサイクルショップでは高額で販売しづらい現実があって高い買取価格を提示してきません。

その店のユーザーに合わせた着物は高く買い取って、そうでないものは低い買取価格になります。

2、ネットオークションで出品する

インターネットオークションに出す方法です。

ネットオークションでもの羽織の需要はありますが、設定した金額で売れる保証は無く、出品の手間や梱包・発送を考えるとなかなか大変な作業です。

そのうえ大量に出回っている羽織は、購入者側も選択肢が多くて安価なものから売れていきます

売れるまでの管理を考えると、着物の状態はさらに悪くなっていきますから、リスクも高いですね。

3、着物買取業者に依頼する

着物買取専門店には着物に精通した専門の査定員がいるので、作家物の羽織や有名産地のもの、価値の高い柄でも見極めることが出来ます。

特におすすめなのが、宅配買取よりも出張買取です!

宅配買取では価格に納得がいかない場合、返却送料が自己負担になることがあって査定は無料でもコストが掛かることがあります。

その点、出張買取ならキャンセル料も無料で、もちろん出張料・手数料なども掛かりません。

出張買取をおすすめしたい理由

【理由1、査定料、出張料、手数料が無料】

出張買取はネットから申込むだけと手軽で簡単、さらにすべての費用が無料で行えます。

上記でも触れましたが宅配買取の場合は、査定額に納得が出来ない時の返却送料が自己負担になる業者もあって、送料によるトラブルが口コミでも目立ちます。

【理由2、手間が掛からない】

出張買取では、自宅に査定員が訪問してくれるため、重い着物を運ぶ手間も必要ありません。

着物を梱包する手間と時間まで省けます。

さらに、一番のおススメポイントは手間が掛からないからまとめて売却が出来ることです。

羽織がたくさんあって、まとめて処分したい!このような人はぜひ利用して下さい。

【理由3、知識のある査定員が査定してくれる】

着物に知識がない人は、着物の価値が分からないので査定額が高いのか、安いのかも分からないですね。

その点、出張買取ではプロの査定員が対面で着物を査定してくれるので、分からないところは質問が出来ます。

リサイクルショップや宅配買取に不安がある人でも、知識が豊富な出張買取の査定員なら安心です。

【理由4、その場で現金化出来る】

自宅で査定が終了、買取が成立すればその場で現金を受け渡してくれます。

おススメ出張買取業者ベスト3

私がおススメする出張買取業者をランキングで詳しく解説します。

1位、 バイセル

おススメランキング1位のバイセルは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇り、高額買取に自信があります。

出張査定を初めて利用する人でも安心できるように、女性の査定員を指名できるサービスも人気の理由です。

知識の豊富な査定員を取り揃えているので、着物に詳しくない人でも信頼して任せられます。

さらにバイセルでは、出張料などの費用は全て無料で、もし査定額に納得できなかった場合のキャンセル料も一切かかりません。

出張買取の地域は全国に対応しています。

>>バイセルの公式サイトはこちら

2位、着物買取プレミアム

2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

着物好きの人なら数多く購入して羽織が邪魔者になっていませんか。

一気に不要な羽織を手軽に片付けられるのは、出張買取だけです。

>>買取プレミアムの公式サイトはこちら

3位、着物買取専門の福ちゃん

ランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

経験豊富な査定員が多く在籍しているので、質の高い黒紋付なら高額買取を期待してもいいでしょう。

更に福ちゃんでは、より高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

他社では断られるような汚れが目立つ物や柄の古い羽織も、福ちゃんなら買取が可能かも知れません。

また、着物買取ネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できることも1つのポイントです。

>>福ちゃんの公式サイトはこちら

以上の買取業者は、口コミの評判も高くアフターフォローや、クーリングオフ制度もしっかりしています。

押し買いなどで不快な思いをすることもなく、初心者でも安心して着物の売却が出来ます。

まとめ

需要が減っていた羽織も最近のレトロブームで、若い人を中心に復活してきました。

着物だけではなく、洋装で羽織る人もいて気軽なお洒落を楽しんでいます。

色や柄も豊富で、自分の好みに合った一枚を見つけることも楽しいですね。

需要が高まっているこの時期にまとめて羽織を処分して下さい。