最近はテレビでも浴衣姿をよく見かけるようになりました。

各地で行われる夏のイベント「花火大会」や「夏祭り」が若い人を中心に人気が高まっていることも背景にあるようですね。

夏でなくても踊りや着付けの練習で浴衣を着用する人も多くいて、ネットショップでも通年浴衣を販売するショップが増えています。

このように需要が増えている浴衣ですが、買取価格はどのくらいなのでしょう。

自宅で眠っているような古い浴衣は果たして売れるのか、浴衣を処分したいと検討している人には気になるところです。

そこで今回は浴衣を徹底調査します。

浴衣とは?

夏によく見られる身近でカジュアルな着物が浴衣です。

「ゆかた」は、もとは「湯帷子(ゆかたびら)」の略で、平安時代の貴族が風呂に入るときに着用した着物です。

帷子は麻の単衣のことで、湯帷子は入浴用の麻の単衣着物だったそうです。

その後、素材が麻から木綿へ変わり、江戸時代になると、湯上りの汗を取るために木綿のきものを着るようになり、風呂上りの木綿の衣類を浴衣と呼ぶようになった歴史があります。

今では、夏のイベントに欠かせないカジュアルな着物として楽しまれています。

浴衣は長襦袢などの下着が要らず、半幅帯や兵児帯など、比較的簡単に結べる帯で着ることができるため、帯揚げや帯締め等も不要で、最も着付けの簡単な着物といえます。

最近では浴衣の色柄も豊富になりましたし、帯も織り、染め、など豊富な種類があります。

新しい染織技術で量産されています。木綿以外の新繊維の品も出来ています。襟周りの装飾品や、帯飾りなども充実しています。

浴衣の種類

浴衣の種類も豊富、その中でも代表的な種類を解説します。

【コーマ生地】

浴衣に最もよく使われるのが、「コーマ生地」と呼ばれるシンプルな木綿のことです。

太さ、織り方により価格も幅広く、上質なものを選ぶと長年着用出来る浴衣です。

【綿絽(めんろ)】

絽目(平織と捩織の併用)を織り出した透け感のある木綿生地のことです。

コーマよりも軽く、風を通し涼やかで、透け感のある生地が特徴です。

【綿紬(めんつむぎ)】

紬織と同じような、節のある木綿糸を使ったハリのある手触りの木綿生地です。

独特の風合いが特徴で、さらっとして着やすいことから最近では人気があります。

【さやま縮(さやまちぢみ)】

先染めの糸に撚りをかけ、シャリっとした肌触りに仕上げた木綿生地です。

汗をかいても肌に張り付かず、気持ちの良い着心地が特徴、シンプルな柄が多く男性の浴衣に多く用いられています。

【綿縮(めんちぢみ)】

さやま縮と同じように、綿糸に撚りを掛けシャリ感のある風合いに織り上げた木綿生地です。

さやま縮は先染めの糸を用いること(織物)が多いのに対し、綿縮は染の浴衣生地として用いられます。

【綿紅梅(めんこうばい)】

薄手の地に太めの糸で格子状の凹凸を織り出した木綿生地です。

夏のお出かけに最適、上級者向けの浴衣生地です。

【絹紅梅(きぬこうばい)】

綿紅梅と同じように、薄手の絹糸の地に太めの綿糸で格子状の凹凸を織り出した、絹と綿の交織生地です。

絹紅梅よりも軽く、透け感があって浴衣の最上級の素材です。

襦袢を合わせて、夏の昼着として着物上級者には人気があります。

【綿麻(めんあさ)】

綿と麻の交織生地です。

綿と麻の割合は様々あり、麻が多くなるとシャリ感のある風合いに、綿が多くなると、ふんわりとしたやさしい風合いになります。

【小千谷縮(おじやちぢみ)】

新潟県小千谷地方で、江戸時代初期から織られている麻の縮織を呼びます。

夏のきもの生地としても人気がありますが、浴衣生地として用いられることもあります。

麻100%なので、とても涼しく管理も簡単なことから着物通に人気が高い名品です。

浴衣ってそもそも売れるのか?

浴衣は売れます!

素材や状態によっても価格は異なりますが、浴衣地はリメイク用としても人気が高く取り扱うリサイクルショップも多いと言えます。

木綿というと低価格のイメージがありますが、浴衣の種類でも解説しているように高価な木綿地も存在します。

浴衣だから安いと諦めないで買取に出して下さい。

浴衣が売れない場合って?

浴衣が売れない場合とはどのような理由からでしょう。

1、色や柄が古い

丈夫な木綿生地で出来ている浴衣は、古い物が多くて柄や色が現代向きでは無いものがたくさんあります。

紺地のようなクラシック柄は人気が高いですが、ピンク系は最近ではあまり好まれません。

2、保管状態が悪い

浴衣は素肌で着用することが多いので、状態が悪い場合が多いですね。

また、飲食をする場面も多いの浴衣なのでシミを付けやすいのですが、木綿は家庭での洗濯が可能なのでシミやシワは取り除いておきましょう。

3、サイズが小さい

着物のサイズは、裄といわれる袖口から背中中心線までの長さで表しますが、この裄が小さいものは売れない場合が多いです。

夏に着用することが多い浴衣は、少し裄を短めに誂えていたため小さいサイズが多いようです。

また、身丈も昔の浴衣は短いようですね。

昔はおはしょりを作らずに着るように身丈を調節しているのですが、今はおはしょりを作って着用します。

身丈の短い物も売れにくいと言えます。

口コミからわかる浴衣の売買相場は

浴衣の相場を調べてみました。

まず、最低価格は10円単位から最高買取は数千円までと幅があります。

一番安価になりやすいものが、木綿と化繊の交織生地や化繊物などです。

木綿よりは麻生地が高額買取になるケースが多いです。

結果!浴衣の平均価格は数百円と考えて下さい。

売却時に注意することとは?

浴衣を売却する時に注意することを詳しく説明します。

1.状態の確認

まず売却の時には浴衣の状態を確認して下さい。

これは浴衣だけではなくどの着物にも当てはまることですが、長期間の自宅保管でシミやカビ、シワなどが目立つ場合は簡単にお手入れをしておきましょう。

木綿地は自宅で洗濯が出来ますので、洗濯とアイロンで状態がかなり良くなります。

また、袖口や袂など汚れやすい部分のチェックも忘れないで下さい。

2、サイズを確認

着物のサイズが分からない人も多いですが、着物は裄というサイズ表示をします。

裄とは袖口から背中中心までの長さです。

裄丈64㎝以下、身丈が160㎝以下、袖丈49㎝から+-3㎝、このようなサイズの浴衣は買取価格があまり期待できないと考えて下さい。

特に浴衣は夏用のため、裄丈が短い物が多いので注意が必要です。

どういう種類が高く売れる?

浴衣の種類で高く売れるものとはどのようなものでしょうか。

1、柄行が上品

カラフルな色と柄や、数年前に流行した大柄の浴衣はあまり人気が無いようです。

逆に紺地の浴衣は最近人気が復活していて、上品なレトロ柄に注目が集まっています。

2、サイズが大きいもの

前述したことと重複しますが、裄65㎝以上の身丈の長いサイズは売れやすいですね。

3、素材が上質である

麻や木綿100%など天然素材は買取価格も高くなりますが、化繊の浴衣は低価格か買取不可となる場合もあります。

高価で売れるコツ

浴衣が高値で売れるコツをご紹介します。

・シミやシワを付けたままにしない

着物のシミやシワを取り除くことは慣れない人にはミスも多いのですが、浴衣は木綿地が多いので出来るだけ取り除いておきたいですね。

自宅で洗濯が可能な物は一度洗濯をして、アイロンを掛けておくだけでも状態が良くなり買取価格を上げることが出来ます。

・売ると決めたら早めに売る!

木綿生地であっても、長期保存を自宅でしていると状態は悪くなっていきます。

また、仕立てられてから10年以内の比較的新しい柄や色の浴衣は高価買取になりやすく、経年が着物の価格を下げる理由でもあります。

・リサイクルショップや知識のない店では売らない

リサイクルショップは販売を目的に買取を行っています。

そのため、その店の販売需要を一番に考えて買取価格を設定しているので、低い買取価格になりやすいです。

また、浴衣は大量に買取に出されている着物なので、在庫を抱えることが多くタイミングによっては相場が変動することがあります。

季節を外さないことも重要ですね。

売るとしたら、どういうところがいい?

浴衣を含めて着物を売却するなら、方法はいくつかあります。

1、リサイクルショップや質屋

近所のリサイクルショップに直接持込んで買取をして貰います。

買取をしてくれるリサイクルショップでも、着物に関する専門家がいないことがほとんどで浴衣などの見立ては難しく、洋服の古着と同じく数百円程度の値段しかつかないことが多いです。

2、ネットオークションで出品する

インターネットオークションに出す方法です。

ネットオークションの市場は確かに大きくて、需要も高いため高値で売れる可能性もあります。

しかし、設定した金額で売れる保証は無く、出品の手間や梱包・発送を考えるとなかなか大変な作業です。

大量の浴衣がネットで売られているために、選択肢も多様で値段も低い設定で売られているケースが多いですね。

3、着物買取業者に依頼する

一般的には価格が手ごろな浴衣ですが、素材や作家物などによっては買取価格も大きく変わってきます。

その点では着物買取専門店は着物のプロが査定してくれるので、売りたい浴衣の価値を正確に判断してもらえます

特におすすめなのが、宅配買取よりも出張買取です!

宅配買取では価格に納得がいかない場合、返却送料が自己負担になることがあって査定は無料でもコストが掛かることがあります。

その点、出張買取ならキャンセル料も無料で、もちろん出張料・手数料なども掛かりません。

出張買取をおすすめしたい理由

【理由1、査定料、出張料、手数料が無料】

出張買取はネットから申込むだけと手軽で簡単、さらにすべての費用が無料で行えます。

上記でも触れましたが宅配買取の場合は、査定額に納得が出来ない時の返却送料が自己負担になる業者もあって、送料によるトラブルが口コミでも目立ちます。

【理由2、手間が掛からない】

出張買取では、自宅に査定員が訪問してくれるため、重い着物を運ぶ手間も必要ありません。

着物を梱包する手間と時間まで省けます。

さらに、一番のおススメポイントは手間が掛からないからまとめて売却が出来ることです。

とにかく浴衣を自宅にたくさん保管されている人は、手間の掛からない方法でまとめて売却しましょう。

【理由3、知識のある査定員が査定してくれる】

着物に知識がない人は、着物の価値が分からないので査定額が高いのか、安いのかも分からないですね。

その点、出張買取ではプロの査定員が対面で着物を査定してくれるので、分からないところは質問が出来ます。

リサイクルショップや宅配買取に不安がある人でも、知識が豊富な出張買取の査定員なら安心です。

【理由4、その場で現金化出来る】

自宅で査定が終了、買取が成立すればその場で現金を受け渡してくれます。

おススメ出張買取業者ベスト3

私がおススメする出張買取業者ベスト3はこちらです!

1位、 バイセル

おススメランキング1位のバイセルは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇り、高額買取に自信があります。

出張査定を初めて利用する人でも安心できるように、女性の査定員を指名できるサービスも人気の理由です。

知識の豊富な査定員を取り揃えているので、着物に詳しくない人でも信頼して任せられます。

浴衣には種類がいくつもあって、どこの地域の伝統工芸品なのか(買取相場の高い地域の品か)・作家物なのか(無名か著名か)・状態や丈の長さなど、様々なポイントを査定してくれます。

さらにバイセルでは、出張料などの費用は全て無料で、もし査定額に納得できなかった場合のキャンセル料も一切かかりません。

出張買取の地域は全国に対応しています。

>>バイセルの公式サイトはこちら

2位、着物買取プレミアム

2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

他では買い取ってもらえない汚れが目立つ着物でもしっかり査定してもらえます。

浴衣が自宅のタンスにたくさん眠っているけれど、持ち運べないという人にもおススメします。

>>買取プレミアムの公式サイトはこちら

3位、着物買取専門の福ちゃん

ランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

経験豊富な査定員が多く在籍しているので、質の高い黒紋付なら高額買取を期待してもいいでしょう。

更に福ちゃんでは、より高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

柄が古い物や、サイズが小さい浴衣でも福ちゃんなら買取って貰えます。

また、着物買取ネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できることも1つのポイントです。

>>福ちゃんの公式サイトはこちら

以上の買取業者は、口コミの評判も高くアフターフォローや、クーリングオフ制度もしっかりしています。

押し買いなどで不快な思いをすることもなく、浴衣や着物を売却出来ます。

まとめ

浴衣の人気は年々高くなっています。

売却するには、シーズンの前に売ることも重要です。

また、洗濯ができる物は一度自宅で洗濯をして、汚れを取り除いておきましょう。

ちょっとしたコツで少しでも浴衣を高く売却して下さい。