付下げは、訪問着に準じた正装の着物で、色々なシーンに着られる着物として、広く親しまれています。

そのため、買取に出される着物としては人気も高く、たくさんの付下げが買取に出されています。

若い頃に作った付下げは、柄が派手でもう着れない・・という人もいますね。

ですが、付下げは高価な物が多くて安価な買取で手放すのは勿体無いという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、付下げの買取相場を徹底調査します。

自宅にある不要の付下げの買取価格とは一体どのくらいでしょう?

少しでも高く売るためのコツはどういったことなのか、詳しく解説していきますので、ぜひ参考にして下さい。

付下げとは?

付け下げは、様々ある着物の種類の中でも比較的着られる機会が多く、訪問着を簡略化したものと位置づけていいですね。

付け下げの歴史は、戦争時に訪問着の着用を禁じられた際に生まれたそうです。

反物の状態で、着た時に模様がすべて上を向くように描いたものが特徴で、訪問着は見た目はよく似ています。

もともと付下げは、裁ち目に柄が渡らない柄行だったため、訪問着より簡単なものとされていましたが、現在では訪問着とさほど変わらないものもあります。

生地も縮緬(ちりめん)、綸子(りんず)から白紬地(しろつむぎじ)など幅広く用いられています。

未婚、既婚を問わず着られ、準礼装に近い着物で、訪問着とほぼ同格のものとされます。

柄付けが簡単なものはあまり礼装の印象はなく、お洒落着として街着にもなります。

紋が入ればさらに格は上がりますが、紋が入るとお洒落着としては着用出来ません。

友人の結婚披露宴やパーティー、クラス会や、茶会、他家への訪問、観劇など、正式な場や少しあらたまったお出かけの時に着用出来るため、着物な中でも一番着る機会が多いものが付下げと言えますね。

付下げの種類

付下げの種類は、柄付けの違いにあります。

【付下げ小紋】

小紋柄を全体に染め上げたもので、小紋と付下げが合わさった感じのカジュアルな着物になります。

格でいうと小紋と同格になりますので、普段着よりも少しお洒落な雰囲気で着こなします。

【付下げ訪問着】

上前のオクミ線で柄をつなげた付下げの事を呼びます。

訪問着に近い位置づけになるので、結婚披露宴や入園入学などにもふさわしい着物です。

また、飛び柄の付下げもあって付下げの柄行は多種多様と言えます。

付下げってそもそも売れるのか?

付下げは売れます!

中古着物の中でも付下げは大量に出品される傾向にあり、買取価格が安価になりやすい着物とも言えます。

仕立てに手間のかかる訪問着とは異なり、事前に柄つけが済んでいるため購入価格が比較的安価で入手しやすいためです。

しかし、付下げの特徴である紋様や生地そのものの価値が評価され、思わぬ高額査定が出る可能性も付下げにはあることも覚えて置いて下さいね。

付下げが売れない場合って?

付下げが売れない場合とは、どのようなケースがあるでしょうか。

1、色や柄が古い

着物にも10年単位ほどで流行があるので、あまりに古い柄や時代を感じさせる柄は敬遠されがちです。

また、色はピンク系の数が多すぎるので、買取を断られる場合もあります。

2、保管状態が悪い

付下げに限りませんが、保管状態は着物買取において最も重要なポイントです。

着用回数は少なくても保管状態が悪くて、カビやシミが発生していると買取ができません。

さらに、着物の価値を下げるシワにも注意が必要です。

きちんと畳み、一枚ずつたとう紙に入れて保管して下さい。

3、サイズが小さい

着物のサイズは、裄といわれる袖口から背中中心線までの長さで表しますが、この裄が小さいものは売れない場合が多いです。

ひと昔前の裄の標準は、64㎝だったため中古着物に多いサイズです。

ところが、現在の裄の標準は65㎝以上と言われていますので、あまり小さいサイズは付下げに限らず売れません。

口コミからわかる付下げの売買相場は

口コミから付下げの売買相場を検証してみましょう。

少し古い物や、着用感のある付下げで状態の良いものだと、4000円~5000円が相場のようです。

一般的な付下げで、未使用品の場合でも10000円を超えることはなさそうですね。

状態が悪い物だと、数百円の買取価格も考えられますので、着物の状態が大きく価格に影響することが分かります。

付下げの買取り相場は幅が広く、作家物や伝統工芸品に該当すれば状態にもよりますが十分高値も期待できます。

数百円から数万円程度が付下げの買取相場だと言えます。

売却時に注意することとは?

付下げを売却する時に注意することを詳しく説明します。

1.状態の確認

まず売却の時には着物の状態を確認して下さい。

これは付下げだけではなく、どの着物にも当てはまることですが、長期間の自宅保管でシミやカビ、シワなどが目立つ場合は簡単にお手入れをしておきましょう。

付下げで肝心な柄の部分にシミがあると買取価格は下がってしまいます

また、袖口や袂など汚れやすい部分のチェックも忘れないで下さい。

素材は正絹であることが大前提なので、化繊物の付下げは買取が出来ないか0円のケースが多いですね。

2、証紙を付ける

着物を購入した際には必ず証紙や証明書が付いてきます。

付下げにも着物作家の作品があるので、落款が着物に入っていても証紙が無い為に査定額が低くされるケースもあります。

伝統工芸品もまた同様で、産地証明書を必ず保管しておきましょう。

3、サイズを確認

着物のサイズが分からない人も多いですが、着物は裄というサイズ表示をします。

裄とは袖口から背中中心までの長さです。

裄丈64㎝以下、身丈が160㎝以下、袖丈49㎝から+-3㎝、このようなサイズの着物は買取価格があまり期待できないと考えて下さい。

裄が67㎝以上の付下げは中古着物でも需要があり、販売されやすい商品なので査定価格も3000円以上が期待出来ます。

どういう種類が高く売れる?

1、落ち着いた上品さがあり、かつ華やかであること

2、年齢層を選ばない柄

3、裄が65㎝以上ある

4、有名作家、有名産地の着物

一般的な付下げであれば、高く売るには何といっても柄が重要です!

華やかで鮮やかなものや印象の強い柄よりも、落ち着いた色合いで地味な柄のほうが値段は高くなる傾向にあります。

色はピンク系の明るい色よりも、茶系やグレー系が好まれています。

高価で売れるコツ

付下げを高値で売れるコツをご紹介します。

・証紙や証明書を付ける

付下げの高価買取を目指すなら証紙や証明書があることが重要です。

この証紙があると無いとでは、驚くほど価格に影響が出るもので、購入時や祖母や母から譲り受けた時に捨ててしまわないように注意して着物と一緒に大切に保管して下さい。

・シミやシワを付けたままにしない

着物のシミやシワを取り除くことは慣れない人にはミスも多いのですが、出来るだけ取り除いておきたいですね。

アイロンを直接着物に押し付けない、大量の水で拭かない、など一般的な知識で出来ることでも着物の状態は大分違ってきます。

・売ると決めたら早めに売る!

着物の管理は大変です。

仕立てられてから10年以内の比較的新しい付下げは高価買取になりやすく、経年が着物の価格を下げる理由でもあります。

大切な着物だからこそ早めに手放して、価値を下げないまま引き継ぎたいですね。

・リサイクルショップや知識のない店では売らない

リサイクルショップは販売を目的に買取を行っています。

そのため、その店の販売需要を一番に考えて買取価格を設定しているので、高価な着物も低い買取価格になりやすいです。

また、付下げは大量に買取に出されている着物なので、在庫を抱えることが多くタイミングによっては相場が変動することがあります。

売るとしたら、どういうところがいい?

付下げを含めて着物を売却するなら、方法はいくつかあります。

1、リサイクルショップや質屋

近所のリサイクルショップに直接持込んで買取をして貰います。

着物の買取をしてくれるリサイクルショップでも、着物に関する専門家がいないことがほとんどで、着物の見立ては難しく、洋服の古着と同じく数百円程度の値段しかつかないことが多いです。

2、ネットオークションで出品する

インターネットオークションに出す方法です。

ネットオークションの市場は確かに大きくて、需要も高いため高値で売れる可能性もあります。

しかし、設定した金額で売れる保証は無く、出品の手間や梱包・発送を考えるとなかなか大変な作業です。

売れるまでの保管をしなくてはならないので、着物の状態はその間に悪くなっていきますから、リスクも高いですね。

3、着物買取業者に依頼する

一般的には訪問着よりも価格が手ごろな付下げですが、有名作家の作品などは高価なものもあり、着物の価値をしっかりと判断できる専門家に査定してもらうことが大切です。

着物買取専門店は着物のプロが査定してくれるので、売りたい付下げの価値を正確に判断してもらえます

特におすすめなのが、宅配買取よりも出張買取です!

宅配買取では価格に納得がいかない場合、返却送料が自己負担になることがあって査定は無料でもコストが掛かることがあります。

その点、出張買取ならキャンセル料も無料で、もちろん出張料・手数料なども掛かりません。

出張買取をおすすめしたい理由

【理由1、査定料、出張料、手数料が無料】

出張買取はネットから申込むだけと手軽で簡単、さらにすべての費用が無料で行えます。

上記でも触れましたが宅配買取の場合は、査定額に納得が出来ない時の返却送料が自己負担になる業者もあって、送料によるトラブルが口コミでも目立ちます。

【理由2、手間が掛からない】

出張買取では、自宅に査定員が訪問してくれるため、重い着物を運ぶ手間も必要ありません。

着物を梱包する手間と時間まで省けます。

さらに、一番のおススメポイントは手間が掛からないからまとめて売却が出来ることです。

【理由3、知識のある査定員が査定してくれる】

着物に知識がない人は、着物の価値が分からないので査定額が高いのか、安いのかも分からないですね。

その点、出張買取ではプロの査定員が対面で着物を査定してくれるので、分からないところは質問が出来ます。

リサイクルショップや宅配買取に不安がある人でも、知識が豊富な出張買取の査定員なら安心です。

【理由4、その場で現金化出来る】

自宅で査定が終了、買取が成立すればその場で現金を受け渡してくれます。

おススメ出張買取業者ベスト3

私がおススメする出張買取業者ベスト3はこちらです!

1位、 バイセル

おススメランキング1位のバイセルは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇り、高額買取に自信があります。

出張査定を初めて利用する人でも安心できるように、女性の査定員を指名できるサービスも人気の理由です。

知識の豊富な査定員を取り揃えているので、着物に詳しくない人でも信頼して任せられます。

「付け下げ」という種類だけでも価値を決めるポイントがあり、どこの地域の伝統工芸品なのか(買取相場の高い地域の品か)・作家物なのか(無名か著名か)・価値を証明するもの(落款や証紙)は付属しているか・状態や丈の長さなど、様々なポイントを査定してくれます。

さらにバイセルでは、出張料などの費用は全て無料で、もし査定額に納得できなかった場合のキャンセル料も一切かかりません。

出張買取の地域は全国に対応しています。

>>バイセルの公式サイトはこちら

2位、着物買取プレミアム

2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

他では買い取ってもらえない汚れが目立つ着物でもしっかり査定してもらえます。

付下げのような多種多様な着物は見極めの出来る査定員に任せましょう。

 

>>買取プレミアムの公式サイトはこちら

3位、着物買取専門の福ちゃん

ランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

経験豊富な査定員が多く在籍しているので、質の高い黒紋付なら高額買取を期待してもいいでしょう。

更に福ちゃんでは、より高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

柄が古い物や、サイズが小さくて買取を断られた付下げでも福ちゃんなら買取って貰えます。

また、着物買取ネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できることも1つのポイントです。

 

>>福ちゃんの公式サイトはこちら

 

以上の買取業者は、口コミの評判も高くアフターフォローや、クーリングオフ制度もしっかりしています。

押し買いなどで不快な思いをすることもなく、着物を売却出来ます。

まとめ

付下げの需要は高く、着物好きの人なら必ず持っている着物です。

改まった場所や街着としても着用出来るので、着る機会も幅広くあり、多種多様な柄にも人気が集まっています。

付下げの買取相場を知っていれば、損をしないで大切な着物を手放すことが出来ます。