国内からも海外からも多くの観光客が足を運ぶ沖縄県は、豊かな自然とキレイな海が自慢の、日本でも有数の観光地です。

琉球王国の独特な生活スタイルや文化が根付いており、そんな中で着物の文化も発展してきました。

沖縄の独特な歴史の中で生まれた着物と織物は高い価値が付く物が多いことをご存知ですか。

自宅に保管している着物が少ない地域でもあるため、買取店舗の数も少ない傾向にあります。

沖縄県で着物を処分しようと検討中なら、しっかりと着物の価値を見極められる専門業者に依頼することが重要ですね。

着物の知識が無いとその価値が分からずに、査定額に納得が出来ないケースがよくあります。

そこで今回は、沖縄県でおススメの出張買取業者をご紹介します。

Contents

沖縄県の着物文化

沖縄県には有名な織物がたくさんあります。

喜如嘉の芭蕉布(きじょかのばしょうふ)

芭蕉布は、数多い沖縄の織物の中でも最も古い織物です。

13世紀頃にはすでに織られていたと考えられていて、人々の生活の中で、欠かせない衣服として糸芭蕉を植え、糸を績み、沖縄各地で芭蕉布を織っていました。

現在は衣生活様式の変化による需要の減退と、技術伝承者の減少により、大宜味の喜如嘉が主な産地になっています。

芭蕉の種類には、糸芭蕉、実芭蕉、花芭蕉の3種あり、芭蕉布の原料となるのは糸芭蕉です。

手績みされた糸で織られた芭蕉布は沖縄固有で世界でも希少な織物です。

透明感のある地色に、琉球藍の紺絣、車輪梅の赤茶絣は清楚で涼しげで、肌にべとつかず、軽くてさらりとした風合いは、夏着尺として珍重されています。

読谷山花織(よみたんざんはなおり)・読谷山ミンサー

読谷山花織・読谷山ミンサーは、琉球王府が長浜港を拠点として南方諸国と交易を行い、南方文化を積極的に取り入れた15世紀初め頃から織られたと言われています。

明治の廃藩置県によって花織を着用する階層を失い需要が急に減り、織手も次第に少なくなって消滅の危機もありましたが、昭和30年代に復興され現在に至っています。

読谷山花織は先染めで紋織物の一種です。技術技法の種類に緯浮花織、経浮花織、手花織があります。

読谷山ミンサーは先染めの紋織物です。

変化平織の経うね織と花織を併用したグーシ花織で、平織地の一部が経糸と緯糸が組合わずに浮いた形で紋柄を織りだし、片面は経糸が浮き裏面は緯糸が浮いています。

ミンサーとは、諸説ある語源の一つでは「ミン」は綿を意味し、「サー」は狭のことで「綿狭帯」という細幅の帯と解釈されています。

特徴は、色糸で浮き出す幾何学紋様は可憐な花のように美しく、図柄に立体感があることです。

久米島紬

久米島紬は、約500年前「堂之比屋」が中国から養蚕の技術を導入し、織ったことに始まったとされています。

17世紀前半に王府から派遣された坂本普基によって、養蚕及び製糸技術、また友寄景友によって八丈紬技術の指導が行われ、今日の久米島紬の基礎がつくられたと言われています。

その後、貢納布として王府の厳しい監督のもとで御絵図帳により織られました。

久米島紬は生糸と真綿の手紬糸を使用します。

主な染料はサルトリイバラと車輪梅、泥土で百回前後染め重ねる黒褐色「泥染」、ユウナの炭を粉末にして染める銀鼠色の「ユウナ染め」、多様な植物を用いた「色染め」があります。

久米島紬は、久米島の山に自生する植物染料や泥に含有する鉄分、養蚕等、自然の恵みと生活の調和で長い伝統の上に培われた技術のなかで生産されてきました。

特徴としては、特に深い黒褐色と、緋の際の微妙な色は 泥染め特有で、地色と緋を和らげ落ち着きのある色調になっています。

また、手紬糸のもつしなやかな風合いと、着心地の良さは高く評価されています。

染色は伝統的な植物染料染めで、煮染法よりも浸漬染法が多く使用されていること、基本色は、焦茶色(煤竹色)、赤茶色、灰色(銀鼠 色)、黄色、鴬色となっています。

宮古上布

宮古上布は手績みの苧麻糸で織りだす麻織物です。

糸は苧麻の皮を剥ぎ、繊維をつなぎ合わせて一本にして、精練漂白をします。

絣の製法は機締め法と手括り法があります。染色には琉球藍を用い、宮古上布独特の紺色を染め出すのに数十回も藍がめに浸けて染色します。

柄が細かいため一反を織り上げるのに2ヶ月もかかります。

古くから越後、能登及び近江上布とともに四大上布の一つに上げられ、日本最高の高級夏物着尺地として知られています。

八重山上布

八重山上布の正確な起源については不明です。

手紡ぎ糸を原料とした白上布で、紅露による焦げ茶の絣模様がくっきりと浮かぶ清楚な白地は、すがすがしい夏物着尺として人気が高いです。

数多い沖縄織物の中でも刷込捺染技法を用いる織物は八重山上布のみとなっています。

八重山ミンサー

八重山ミンサーは、綿糸や絹糸を用いた平織りの絣織物で、絣製法は手括りです。

ミンサーは、竹富町を中心にして織られていたが、現在は石垣島でも盛んに織られています。

本来は木綿の紺絣であったものですが、観光客用の需要により変化がみられます。

芭蕉や苧麻とのグンボウ(交織布)や経緯絹布もみられ、用途も主流であった帯地から小物・袋物へと徐々に変わってきています。

与那国織

与那国織の伝統的な技術、技法を分類すると与那国ドウタテイ、与那国花織、与那国シダデイ、与那国カガンヌブーがあります。

・与那国ドウタテイは、先染めの平織組織による縞織物の一種です。

配色は白、青、黒の3色が主流で、経糸に絹糸、緯糸に 麻糸、芭蕉糸を用いた交織布となっています。

与那国の縞・碁盤の構成、種類は他産地に見られない特徴があります。

・与那国花織は、先染めの萩織物です。

図柄は、幾何学的な紋柄を菱形に展開した柄が多く、紋柄と碁盤を組合わて配置しています。

原料は本来、綿糸や麻糸でしたが、昭和45年頃から絹糸を使用するようになり、最近では絹糸を主に生産していて、与那国織の中で唯一絹糸を用いた織物となっています。

・与那国シダデイは、先染めの紋織物で、平織組織に紋柄を織りだした板花織であり、真田織とも呼ばれています。

図柄は市松模様で、構成は1模様は5つの紋柄 で、この1模様が7つ配置していて、両端に太めの模様を配置した9つの緯段で構成しています。

配色は白系統の地色に紋糸を赤、黄、青、黒で配色、地色が白系統なのは以前から今日まで変化していません。

・与那国カガンヌブーは先染めの絣織物のことで、変化平織組織(経うね織)に経絣を織り込んだ織が特徴、与那国ミンサーとも呼ばれています。

図柄は「ミトウダ絣(夫婦絣の意)」と呼ぶ2つの絣が上下にずれた絣配置となっています。

配色は藍地に白の絣が主で、現在では地色に赤系統の配色もあります。

沖縄県でおススメの着物買取業者ランキング

沖縄県でおススメの着物買取業者を詳しくご紹介します。

1位、 バイセル(旧スピード買取.jp)

おススメランキング1位のバイセル(旧スピード買取.jp)は、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇り、高額買取に自信があります。

出張査定を初めて利用する人でも安心できるように、女性の査定員を指名できるサービスも人気の理由です。

知識の豊富な査定員を取り揃えているので、着物に詳しくない人でも信頼して任せられます。

もう着ない着物を買取業者の店舗まで持っていこうとしても、着物類は一枚一枚が重く、運んでいる途中で汚したりしないようにと気をつかってしまいます。査定する着物の枚数が多い場合には尚更です。

琉球ならではの本土では見ることのできないような独特な文化や生活様式がみられ、琉球の個性豊かな文化の中にも、着物の文化は根付いており、沖縄の着物の歴史は日本の歴史に大きく影響されているといえます。

このような歴史の中で生まれた沖縄の着物は、十分に価値の見いだせるものであり、着物買取の際には思いのほか高値をつけることもあります。

そこでおすすめしたいのがバイセルです。

出張査定は無料で、査定価格に満足しない場合でも出張料は発生しないので気軽に相談が出来ます。

申込み方法は、査定応募フォームより「名前」「電話番号」「郵便番号」「住所」「メールアドレス」を入力するだけです。

バイセル(旧スピード買取.jp) 出張買取対応地域

【沖縄県内(市)】

那覇市・宜野湾市・石垣市・浦添市・名護市・糸満市・沖縄市・豊見城市・うるま市・宮古島市・南城市

【沖縄県内(郡)】

国頭郡国頭村・国頭郡大宜味村・国頭郡東村・国頭郡今帰仁村・国頭郡本部町・国頭郡恩納村・国頭郡宜野座村

国頭郡金武町・国頭郡伊江村・中頭郡読谷村・中頭郡嘉手納町・中頭郡北谷町・中頭郡北中城村・中頭郡中城村

中頭郡西原町・島尻郡与那原町・島尻郡南風原町・島尻郡渡嘉敷村・島尻郡座間味村・島尻郡粟国村

島尻郡渡名喜村・島尻郡南大東村・島尻郡北大東村・島尻郡伊平屋村・島尻郡伊是名村・島尻郡久米島町

島尻郡八重瀬町・宮古郡多良間村・八重山郡竹富町

バイセル(旧スピード買取.jp) 口コミコメント

菊笠松模様の赤い訪問着が柄が華やかすぎて、表で着るには派手すぎるので、着物の買取をしてもらいました。

そして、物腰の柔らかい人が担当してくださり、査定金額にも満足できて、無事に買取ってもらうことができました。 60代女性

姉に教えてもらって、着物買取を利用させてもらいました。着用回数が少ないとのことで、思ったよりも高い価格で買取ってもらうことができました。

そのため、タンスの奥に眠っている着物も買取に出そうかと検討中です。 50代女性

2位、着物買取プレミアム

口コミランキング2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

沖縄県の有名な織物はたくさんあって着物の方も種類があり、探せば価値の高いものが発見できるかもしれません。

いつまでも保管しておくつもりはないという方は思い切って買取に出しましょう。

その点買取プレミアムに依頼をすれば、持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

申込み方法は、査定応募フォームより「名前」「電話番号」「郵便番号」「住所」「メールアドレス」を入力するだけです。

着物買取プレミアム 出張買取可能地域

■市

那覇市・宜野湾市・石垣市・浦添市・名護市・糸満市・沖縄市・豊見城市・うるま市・宮古島市・南城市

■郡

国頭郡・中頭郡・島尻郡・宮古郡・八重山郡

着物買取プレミアム 口コミコメント

お茶を習っているのでつい着物を購入してしまいますが、長年着用していない物もたくさんあり、こちらで見積もりをしていただきました。

思っていたよりも高い額が提示され、6着売りましたが臨時収入になり、また着物を新調したいと考えています。 60代女性

祖母の代から引き継いできた着物がたくさんタンスに眠っていたのですが、なかなか着る機会もなく、大掃除ということで買取をお願いしました。

一着一着きちっと見てもらえてうれしかったです。また利用しようと思います。 50代女性

想像以上の値段で、着物買取をする事ができたので、結果に大満足しています。

初めて着物買取をしてもらったのですが、大変丁寧に対応してもらう事ができたので、変に緊張したり、不安を感じる事はありませんでした。 50代女性

3位、着物買取専門の福ちゃん

口コミランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

3位の福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

沖縄では「琉球紅型」や「琉球織物」など、沖縄県独自の着物文化があります。

沖縄独自の着物について専門知識を持ったスタッフが必須となりますが、 福ちゃんには着物に詳しい専門家がいるので、重量や着数だけで査定をすることはありません。

福ちゃんがより高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

また、着物買取ネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できることも1つのポイントです。

どんな種類・状態の着物でも経験豊富な査定士がしっかりと査定してくれます。

無料査定フォームから申込む方法と、フリーダイヤルから申込む方法があります。

着物買取専門の福ちゃん 出張買取可能地域

【沖縄県内(市)】

那覇市・宜野湾市・石垣市・浦添市・名護市・糸満市・沖縄市・豊見城市・うるま市・宮古島市・南城市

【沖縄県内(郡)】

国頭郡国頭村・国頭郡大宜味村・国頭郡東村・国頭郡今帰仁村・国頭郡本部町・国頭郡恩納村・国頭郡宜野座村

国頭郡金武町・国頭郡伊江村・中頭郡読谷村・中頭郡嘉手納町・中頭郡北谷町・中頭郡北中城村・中頭郡中城村

中頭郡西原町・島尻郡与那原町・島尻郡南風原町・島尻郡渡嘉敷村・島尻郡座間味村・島尻郡粟国村

島尻郡渡名喜村・島尻郡南大東村・島尻郡北大東村・島尻郡伊平屋村・島尻郡伊是名村・島尻郡久米島町

島尻郡八重瀬町・宮古郡多良間村・八重山郡竹富町

着物買取専門の福ちゃん 口コミコメント

日本橋で買った着物の買取を依頼したのですが、実際に家に来てくれたのは振袖にかなり詳しい人だったので、安心したのを覚えています。

保存状態をよくしておくように心がけるだけで、かなり査定はプラスに評価してもらえるようになると感じました。 50代女性

沖縄県で出張買取をおススメする理由

なぜ沖縄県で出張買取をおススメするのか、それには理由があります。

【理由1 手間が少ない】

着物はとにかく重い!そう感じている人は多いですね。

重量のある着物を店舗に運ぶ手間はとても大変です。

でも、出張買取なら自宅で査定が出来るため、着物を運ぶ手間がありません。

さらに、宅配買取と比べて梱包する手間もありませんから、自分で時間を掛ける必要がありません。

着物や帯はそれぞれに重さが異なるため、ある程度まとまると数キロを超えてしまうこともあり、運ぶ際には細心の注意が必要です。

そこでそんな心配を気にしなくていいのが出張買取です。

沖縄県にある着物買取業者は県内に点在しているので、納得のいく査定額になるようにいくつかの店舗の見積もりを比べてみる必要があり、時間が掛かってしまいます。

このような手間を考えると高齢の人や、1人暮らしの女性には出張買取が最適と言えます。

【理由2 着物買取専門店の高額査定】

リサイクル店や呉服店、質屋などでは着物買取専門の査定員がいない場合や、知識があまり豊富でない査定員であることが多いです。

出張買取では、知識の豊富な査定員がしっかりとチェック・査定を行うため、着物の価値に見合った高額での買い取りをしてくれます。

沖縄の着物は「経産省指定伝統的工芸品」に指定されている染めと織りが多いのも特徴です。

琉球王朝時代より交易が盛んで、独自の文化を根ざしている「沖縄」の着物はしっかりと査定して貰うと高額になる物が多いので、知識のある出張買取がおススメです。

高く売るためのコツ は?

出張買取において、高く売るためのコツとはどのようなものでしょうか。

ここからは、高く売るためのコツをご紹介していきます。

【1、素材】

着物の買い取り額は、着物に使われている素材が最も大きなポイントとなります。

素材と一言で言ってもその種類は豊富です。

絹やウール、木綿、麻、化繊と様々ですが、特に正絹でできている着物が最も高い値段が付けられる可能性が高いと言えます。

正絹は希少性が高く価値が高い素材で、新品で購入する際も正絹で作られている反物は高額で販売されています。

一般的に着物の重さは「もんめ」という単位が使われていますが、その重量も査定額に関係があって、重量であるほど高額になると考えられています。

また、ポリエステルなどの化学繊維で作られた着物は安価になりやすいので、着物の素材はなるべく把握しておきたいですね。

「久米島紬」や「琉球絣」「八重山上布」「知花花織」「首里織」「読谷山花織」などたくさんの有名な織物がある沖縄県では、どれもが希少価値が高く高額査定が期待出来ます。

【2、着物の状態】

買取に出す場合、保存状態が大きく買取額に影響を与えます。

着物は洗濯することができないため、シワや汗じみ、虫食い、カビなどが発生していると買取価値は低く査定されます。

正絹とウールの着物を一か所で保管をしていた場合、虫食いが正絹にまで及んでしまうので保管場所には充分な注意が必要です。

また、日本の湿度の高さも着物にはあまり良い環境ではありません。

たんすにキチンと仕舞ってあっても、風通しが良くない環境であれば保管カビや、シミが発生します。

一度着用した着物であれば長期間の保管になると、尚更にカビやシミが発生していきます。

高価な着物でも、これでは買取価格は予想以上に低いものになり、納得のいかない買取になる場合が多いです。

面倒でも高額買取のためには、年に一回のペースで風通しをすることをおススメします。

暑く湿気の多い沖縄県では着物を保管しておくことにはきちんと管理する必要があります。

【3、着物の種類】

着物には用途や素材によって多くの種類が存在します。

洋服にもフォーマルからカジュアル、ホームウェアなどがありますが、着物も同様です。

フォーマルな物であれば、黒留袖、訪問着、付下げ、色無地、振袖などです。

カジュアルな物だと、紬、小紋、ウール、木綿などが挙げられます。

一般的に高価な物とされるのが訪問着や付下げになるので、買取でも高額になりやすい種類です。

逆に、ウールや小紋などは普段着として着用されるので、安価の傾向にあります。

着物の方も沖縄県には種類がたくさんあり、探せば価値の高いものが発見できるかもしれません。

【4、サイズ】

着物のサイズは『裄』というもので、簡単に説明すると、片腕(手首のくるぶしから)と背中の半分までの長さで、着物の場合は袖口から背中の中心の縫い合わせまでの長さです。

この着物のサイズが査定価格にもかなり影響します。

現在リサイクルされている着物を常用していたころの日本人は平均身長が低く、比較的小さい着物を中心に出回っています。

ですが、最近では日本人の手も長くなり、さらに海外からの需要も高まっていることなど、裄の大きいサイズがよく売れています。

そのため、小さいサイズよりはより大きいサイズが高価買取の対象になります。

【5、生産地や作家物などブランドとデザイン性】

着物にも人気の作家やブランドというものがあります。

知名度の高い作家がプロデュースした製品やブランド製ものは、当然のことながら買取価格が高額になります。

作家物なら、着物に烙印が入っているのですが、これが有名な作家ものだとさらに高額になります。

同様に生産地がまた重要になってきますので、しっかりと把握して査定の際に伝えるといいですね。

着物の流行はおよそ10年程度あると考えられているので洋服の流行よりも長いと言えますが、黒留袖や色無地など

需要が激減しているものは安価な買取になるので注意して下さい。

また、着物の柄でも最近は洋服柄のようなものが好まれている反面、古典柄などは最近レトロ人気が高く評価されています。

「久米島紬」や「琉球絣」「八重山上布」「知花花織」「首里織」「読谷山花織」「芭蕉布」など沖縄ブランドの織物は現在では貴重な物ばかりです。

【6、証紙は重要!】

着物には、証紙と呼ばれる品質の詳細が記載された保証書のような紙が添付されています。

新品で購入した場合に、証紙付きとそうでないものとは値段に雲泥の差があります。

先ほど作家物や生産地を説明しましたが、この場合でも証紙が付いていることがあります。

証紙は必ず付けて査定してもらいましょう!

芭蕉布のような沖縄県にしかない織物は証紙があると査定額が倍以上になるケースもあります。

ほんの一枚の紙ですが、着物の素材や作成者、産地などが記載され、証紙の内容を見るだけで着物に詳しくない人にも着物のランクがわかります。

これで、査定価格が格段に跳ね上がります。

沖縄県の着物買取店舗

着物の数が少なくて、自分で持込が可能な人なら直接店舗に持込方法もあります。

ここからは沖縄県でおススメの店舗をご紹介します。

リサイクルSHOPベストサービス

住所:沖縄県那覇市久米1-10-15

電話:098-868-0888

営業時間:098-868-0888

定休日:日曜

詳細説明:取り扱い品目は多数あります。

着物の弥生

住所:沖縄県那覇市天久2-15-2

電話:098-867-4170

営業時間:10:00~19:00

定休日:不定休

詳細説明:委託・買取をしています。

東京相場 沖縄那覇店

住所:沖縄県那覇市牧志3丁目24−20

電話:0120-361-051

営業時間:10:00~19:00

定休日:無休

詳細説明:全国展開している大手チェーン店です。

どのようなものが買取対象になる?

着物買取を依頼する際に、「これは売れるの?」と迷う物がありますね。

ここからは、買取例の一部をご紹介していきますので迷った時にご参考にして下さい。

着物・帯などの買取例

フォーマル:振袖・訪問着・単衣・女袴・打掛・掛下・付下・留袖・色留袖・色無地・初着・七五三関連・羽織

カジュアル:小紋・紬・ゆかた・道行

:袋帯・名古屋帯・角帯・兵児帯・半幅帯

和装小物:帯〆・帯揚・草履・草履バッグセット・和装バッグ等・和装ショール・和装毛皮コート・下駄・襦袢

和装毛皮ショール等

小物類は帯留めや、珊瑚、琥珀などのアクセサリーも高価買取の対象です。

沖縄県には「久米島紬」や「琉球絣」「八重山上布」「知花花織」「首里織」「読谷山花織」「琉球紅型」「宮古上布」「芭蕉布」など希少価値が高い織物があります。

高価買取例

高価買取の対象となりやすい着物の例です。

高価買取対象の着物

人間国宝や著名作家着物

全国染織

大島紬・結城紬・芭蕉布・友禅・越後上布・宮古上布・花織

有名百貨店

三越・高島屋・松坂屋・伊勢丹・大丸

有名呉服店

むら田・ますいわ屋・やまと・銀座きしや・銀座越後屋・銀座もとじ・銀座志ま亀

着物の著名作家や人間国宝等

青戸柚美江・稲垣稔次郎・山鹿清華・由水十久・柚木沙弥郎・与那嶺貞(読谷山花織)・六谷梅軒・志村ふくみ・城間栄喜

城間栄順・鈴木紀絵・鈴木苧紡庵・鈴田滋人・芹沢銈介・添田敏子・野口彦太郎・野口真太郎・羽田登喜男

林宗平・百貫華峰・福田喜重・古澤万千子・細見華岳・龍村平蔵・龍村晋・田畑喜八・

玉那覇有公(紅型びんがた)・談議所栄二・小宮康孝・坂口幸市・佐々木苑子・清水幸太郎・札幌あやの・

辻村ジュサブロー・鳥巣水子・中村勝馬

上野為二・浦野理一・小川善三郎・小川規三郎・山田貢・柳悦博・山岸幸一・山下めゆ・山下八百子・若松華瑶

熊谷好博子・甲田栄佑・甲田綏郎・小島悳次郎・小島貞二・児玉博・小宮康助・中村勇二郎・本郷大二

本郷孝文・毎田健治・毎田仁郎・松井青々・松枝玉記・松枝哲哉・松原定吉・松原利男・水野 博・

平良敏子(芭蕉布)

高久空木・高久尚子・田島隆夫・田島拓雄・田島比呂子・中町博志・成竹登茂男・南部芳松・新田秀次・

新田英行・能川光陽・野口功造・野口真造・皆川月華・小倉建亮・小倉淳史・柿本市郎・梶山伸・鎌倉芳太郎

喜多川平朗・喜多川俵二・北村武資・木原明・木村雨山・久保田一竹・宗廣力三・森口華弘・森口邦彦・

森山虎雄・山田栄一・宮平初子(首里の織物)

作家物は烙印とサインが着物に入っていますので、前合わせの部分を確認しましょう。

重要無形文化財・各地染織品綾の手紬

明石縮・飯田紬・伊勢崎銘仙・伊兵衛織八重山上布・弓浜絣・結城紬・読谷山花織・与那国織・琉球花織

琉球紅型・琉球絣精好仙台平・丹波布・秩父銘仙・江戸中型・近江上布・置賜紬・小千谷縮・大島紬・貝紫・

加賀友禅・喜如嘉の芭蕉布・黄八丈・京友禅・葛布・久米島紬・久留米絣・伊那紬・上田紬・牛首紬・越後上布

江戸小紋・薩摩絣・薩摩木綿・塩沢紬・科布・首里の織物・首里織・信州紬・白鷹紬・綿薩摩・郡上紬

献上博多織・楮布・小倉縞・作州絣・ざんざ織・十日町御召・紬・長井紬・南部紫根染・茜染・能登上布

西陣織・芭蕉布・紅型・備後絣・宮古上布・ミンサー織り

例として一部ご紹介しましたが、この他にも色々な生産地や織物、作家物などがあります。

まとめ

沖縄県には独自の織物が発展した着物文化があり、家庭にも高価な着物が眠っている可能性が高いと言えます。

もう着なくなった着物を自宅保管しているよりも、早めに出張買取で副収入に換えることをおすすめします。

着物の保管は沖縄県のような高温高湿の地域では、管理が難しいこともあり着物の状態が悪くなりやすいのです。

高額買取に繋げるためには、着物の価値が下がる前に買取に出すことが重要ですね。

まとめて処分が出来る出張買取は沖縄県に最適の方法です。