「着物どころ京都」という言葉があるほど、京都といえば着物イメージ強い地域です。

そのため古くから続く老舗のお店や、チェーン店でも京都の店舗であれば着物は高く売れる傾向がみられます。

観光客がここ数年で一気に増えたこともあり、京都の着物相場は上昇中です。

京都の人にとって、着物は馴染み深いものであり、大切な思い出があるという人も多いのではないでしょうか。

ですが、大切な思い出がある着物を自宅で保管して維持することも簡単なことではありません。

そこで今回は、京都で着物を売るなら出張買取がおススメ!断然お得な買取業者をご紹介します。

Contents

京都と着物文化

京都には国内外に知れた名産品が数多くあります。

高級品と呼ばれるものも多くあり、まさにタンスは高額買取の宝庫の可能性が高いですね。

西陣織

西陣織は京都がはぐくんできた高級絹織物で、多品種少量生産方式を基盤とした、先染の紋織物です。

一口に西陣織と言っても、国に指定されているだけでも12種類の品種があります。

西陣は日本を代表する絹織物で、袋帯・なごや帯をはじめとする帯が有名ですが、ほかにも綴、唐織、羅、錦、緞子、金蘭、御召、紬など、帯から着尺、法衣まで多様な種類が織られています。

日本の近代化とともに歩みを進めた西陣織は、能衣装、打掛、几帳、帯、きもの、金襴など伝統的で高級精緻、絢爛豪華な手織技術と意匠を極めた製品が多いことが特徴です。

京鹿の子絞

室町・桃山期から江戸前期にかけて一世を風靡した「辻が花染」は絞り染めを駆使した作品の代表的なものです。

その後、「かのこ」「鹿の子絞」「京鹿の子」として広がり、総絞り、刺繍入りの絞り、友禅加工した絞友禅などが生産されるようになりました。

京鹿の子絞りの特徴は、鹿の子と言われる疋田(ひった)絞りや一目(ひとめ)絞りなどその括り粒の精緻さ、あざやかな多色を出すための染め分け技法から生まれる立体感のある美しさ、手仕事ならではの潤いと暖かさにあります。

京友禅

京友禅は、多彩で絵画調の模様をきものにあらわす染めの技術です。

元禄年間、京都・祇園あたりに住む扇絵師、宮崎友禅斎が美しく華麗な絵を描くことを加え、手描友禅として確立したと伝えられていて、友禅という名称はこの友禅斎から名付けられたということです。

明治には、あざやかで色数の多い化学染料が輸入され、手描友禅の名匠であった広瀬治助によって「写し友禅」として型友禅が発明されました。

手描友禅に対して、模様を切り抜いた型紙を使って大量に染めることができる型友禅の出現により、友禅が多くの人に広がっていきました。

京友禅は加賀友禅や東京友禅とともに日本三大友禅の一つにも数えられ、多色使いで優美なデザインなものが多く、金銀箔や刺繍もよく用いられているのが特徴です。

京小紋

京小紋は、江戸時代に小紋を染めた麻裃が武士の正装となり、その後町人文化の自由で粋な感覚を受けたしゃれた衣装として流行したものです。

単色が主流の京小紋は段々と彩色へと変化し、友禅にも影響を受けながら、京小紋として独自に発展してきました。

京小紋は、はんなりとした雅やかな雰囲気が特徴で、色使いや柄ゆきにも優しさや気品に溢れています。

丹後ちりめん

京都府の丹後半島一帯は、丹後ちりめんを中心に先染織物や丹後藤布など様々な織物の一大産地です。

独特のシボをもち、絹の風合いと感触を最高に発揮する織物として確立されたのは、丹後峰山町に住む絹屋佐平治(後に森田治郎兵衛と改名)の尽力によるものです。

生地全面に細かい凸凹状のシボがでている織物。シボがあることにより、シワがよりにくく、しなやかな風合いに優れていることが特徴です。

京繍

京繍は、十二単(平安時代)、武将の胴服(鎌倉時代)、能衣装(室町時代)と用いられ、華麗な文化が咲き誇った安土・桃山時代には小袖に多用されていました。

刺繍とは、一本の針と多色の糸を使って布地などに模様を縫い表す装飾技法で、染、織とともに日本の染織史上重要な位置を占めています。

絹織物、麻織物に絹糸、金銀糸を用いて、磨き抜かれた意匠と高度な技術によって製作される京繍は、全体の構図、繍糸の配色、繍技・繍法、これらが一体となって刺繍独自の表現が可能になり、情趣あふれた最高級品となります。

京都でおススメの着物買取業者ランキング

京都で着物買取に失敗しない着物買取術とは、出張買取にあります!

信頼性の高い専門業者を選ぶことが、着物買取成功に繋がります。

1位 スピード買取.jp

おススメ着物買取業者1位はスピード買取・jpです。

スピード買取.jpでは、宅配・出張・持込の3つの買取方法に対応した大手の買取サービスを行っています。

土日祝を含め365日・24時間受付をしてくれる着物買取専門店で、業界でも信頼性はトップクラスです。

買取査定のリピーターが多いことでも、スピード買取.jpの信頼性が分かります。

売却後にスピード買取より他店のほうが高いとわかった場合は全品返却してくれるほど自社の買取額に自信があります。

京都府でスピード買取.jpが着物を高額買取できる理由の一つに、「独自の販売ルートを持っている」ということです。

特に京都府の着物は、素材が上質な物が多く、状態の良くない着物にもしっかりと値段が付くというケースも多いので、信頼できるスピード買取.jpなら安心です。

さらに、出張査定には女性の査定員を指名することが出来て、女性の一人暮らしや高齢の人にも安心できるサービスです。

また、買取額に納得がいかなかった場合でもキャンセル料は発生しませんから、安心して出張買取を依頼出来ますね。

24時間 査定申し込み受け付けていますので、専用フォームより申し込んで下さい。

スピード買取.jp 出張買取可能地域

【京都府内(市)】

京都市・ 福知山市・舞鶴市・綾部市・宇治市・宮津市・亀岡市・城陽市・向日市・長岡京市・八幡市・京田辺市

京丹後市・南丹市・木津川市

【京都府内(郡)】

乙訓郡大山崎町・久世郡久御山町・綴喜郡井手町・綴喜郡宇治田原町・相楽郡笠置町・相楽郡和束町

相楽郡精華町・相楽郡南山城村・船井郡京丹波町・与謝郡伊根町・与謝郡与謝野町

スピード買取.jp 口コミコメント

京都生まれ、京都育ちの私は、父が呉服屋を営んでいることもあって、幼いころから着物は体の一部でした。

一時期は、京都でも着物を着ている方が少なくなってしまったなあという時代もあったのですが、最近は京都を歩くと、若い子たちが着物を着て観光を楽しんでいて、その姿を微笑ましく思っていました。

着る機会が少なくなってしまい、眠らせてしまっている着物を売ろうと決心したのは、それが理由です。私の着物が、次の世代で活躍することを願っています  60代 女性

京都府長岡京市在住の主婦です。若い頃に着ていた訪問着などの着物を着る機会もないので思いきって売ることにしました。

全て思い入れのある着物だったので丁寧に査定していただき安心しました。

ついでに和装小物の買取もお願いしました。古いものなので買取してもらえるかと不安もありましたが全て買取ってもらうことができ良かったです。

家にいながらにして査定をしてくださるのでこちらの手間がなく本当に楽でした。また機会があれば利用したいと思います。  60代 女性

2位、着物買取プレミアム

口コミランキング2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

帯や小物なども高額買取が可能で、大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

申込み方法は専用フォームから簡単に行えます。

着物買取プレミアムの最大の強みは「どこよりも満足いただける価格」「どこよりも早いスピード」「どこよりも質のいいサービス」にあります。

京都における着物市場は年々高まりつつあり、相場も上昇中ですが、どこの業者でも同じという訳ではありません。

買取額に自信のある専門業者を選ぶことが重要です。

着物買取プレミアム 出張買取可能地域

【京都府内(市)】

京都市・ 福知山市・舞鶴市・綾部市・宇治市・宮津市・亀岡市・城陽市・向日市・長岡京市・八幡市・京田辺市

京丹後市・南丹市・木津川市

【京都府内(郡)】

乙訓郡大山崎町・久世郡久御山町・綴喜郡井手町・綴喜郡宇治田原町・相楽郡笠置町・相楽郡和束町

相楽郡精華町・相楽郡南山城村・船井郡京丹波町・与謝郡伊根町・与謝郡与謝野町

着物買取プレミアム 口コミコメント

私が、若い頃に着ていた着物を買取して頂きました。捨てるのがもったいなく、タンスの中に眠っていたものです。

売れるか不安でしたが、古くても大丈夫との事で安心しました。着物を一点ずつ、きちんと査定してくれたので納得できました。今後は新しいのも含めて、買取してもらいたいと思います。  40代 女性

母が亡くなり着物が数点あるのですが、妻は着ないというので買取業者に依頼して査定をしてもらうことにしました。捨てるにしても惜しいですし、着たいという人に着てもらえたらと思いました。

自分が思っていたよりも高値をつけてもらえたのでとても嬉しかったです。  50代 男性

3位、着物買取専門の福ちゃん

口コミランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

3位の着物買取専門の福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

京都の着物には「型友禅」や「手描友禅」の他にも「西陣織」等と多くの 種類があり、専門知識を必要とします。

専門の知識がなければ、しっかりとした値段をつけることができない着物もあります。

着物買取専門の福ちゃんには経験豊富な査定員が多く、女性の着物はもちろん、男性の着物も高く売れると人気が高い買取業者です。

また、より高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

さらに着物買取専門の福ちゃんでは、関西の独自の着物に特化したネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できる1つのポイントです。

古いものや、シミがあるからと諦める前にまずは福ちゃんに相談してみましょう。

無料査定フォームから申込む方法と、フリーダイヤルから申込む方法があります。

着物買取専門の福ちゃん 出張買取可能地域

【京都府内(市)】

京都市・ 福知山市・舞鶴市・綾部市・宇治市・宮津市・亀岡市・城陽市・向日市・長岡京市・八幡市・京田辺市

京丹後市・南丹市・木津川市

【京都府内(郡)】

乙訓郡大山崎町・久世郡久御山町・綴喜郡井手町・綴喜郡宇治田原町・相楽郡笠置町・相楽郡和束町

相楽郡精華町・相楽郡南山城村・船井郡京丹波町・与謝郡伊根町・与謝郡与謝野町

着物買取専門の福ちゃん 口コミコメント

同じ京都在住の姉の家から和箪笥を整理していると、着物が出てきて、さすがに捨てるには忍びなく、ネット検索で福ちゃんのHPを拝見してこちらなら大切にリサイクルして頂けると判断してお願いしました。

丁寧に扱って頂き感謝いたします。  50代 男性

私の住んでいる京都では有名な「京友禅」を持っていたのですが、近年めっきり着物を着る機会がなくなってしまい、持っていてももったいなかったので、知人より教えてもらった福ちゃんに着物の買取依頼しました。

納得の買取価格でした。ありがとうございます。  60代 女性

出張買取をおススメする理由

なぜ京都で出張買取をおススメするのか、それには理由があります。

【理由1 手間が少ない】

着物はとにかく重い!そう感じている人は多いですね。

重量のある着物を店舗に運ぶ手間はとても大変です。

でも、出張買取なら自宅で査定が出来るため、着物を運ぶ手間がありません。

さらに、宅配買取と比べて梱包する手間もありませんから、自分で時間を掛ける必要がありません。

このように高齢の人や、1人暮らしの人には出張買取が最適と言えます。

京友禅や西陣織など、高級品の保管や移動にはとても気配りが必要です。

雑な扱いをした結果、折りシワやシミを付けてしまうこともありますので、慎重な扱いが必要とされます。

このような手間を自分で行うことは一苦労ですから、出張買取に任せましょう。

【理由2 着物買取専門店の高額査定】

リサイクル店や呉服店、質屋などでは着物買取専門の査定員がいない場合や、知識があまり豊富でない査定員であることが多いです。

出張買取では、知識の豊富な査定員がしっかりとチェック・査定を行うため、着物の価値に見合った高額での買い取りをしてくれます。

藤蔓の繊維で織った「世屋藤布」や、「手描友禅」、人間国宝の作家物など高い価値が認められるものは、知識の豊富な鑑定が求められます。

高価な着物を低価格査定されないためにも、出張買取がおススメです。

高く売るためのコツ は?

出張買取において、高く売るためのコツとはどのようなものでしょうか。

ここからは、京都で高く売るためのコツをご紹介していきます。

【1、素材】

着物の買い取り額は、着物に使われている素材が最も大きなポイントとなります。

素材と一言で言ってもその種類は豊富です。

絹やウール、木綿、麻、化繊と様々ですが、特に正絹でできている着物が最も高い値段が付けられる可能性が高いと言えます。

正絹は希少性が高く価値が高い素材で、新品で購入する際も正絹で作られている反物は高額で販売されています。

一般的に着物の重さは「もんめ」という単位が使われていますが、その重量も査定額に関係があって、重量であるほど高額になると考えられています。

また、ポリエステルなどの化学繊維で作られた着物は安価になりやすいので、着物の素材はなるべく把握しておきたいですね。

京都、丹後は正絹の一大名産地となっているため、他の地域より正絹の所有率は高いです。

自宅のタンスに高価な着物が眠っていないか、チェックできる良い機会だと思いますので、この機会にぜひ着物の価値を確認して下さい。

【2、着物の状態】

買取に出す場合、保存状態が大きく買取額に影響を与えます。

着物は洗濯することができないため、シワや汗じみ、虫食い、カビなどが発生していると買取価値は低く査定されます。

正絹とウールの着物を一か所で保管をしていた場合、虫食いが正絹にまで及んでしまうので保管場所には充分な注意が必要です。

また、日本の湿度の高さも着物にはあまり良い環境ではありません。

たんすにキチンと仕舞ってあっても、風通しが良くない環境であれば保管カビや、シミが発生します。

一度着用した着物であれば長期間の保管になると、尚更にカビやシミが発生していきます。

高価な着物でも、これでは買取価格は予想以上に低いものになり、納得のいかない買取になる場合が多いです。

面倒でも高額買取のためには、年に一回のペースで風通しをすることをおススメします。

盆地である京都は、夏暑く冬は寒いという気候です。

着物にとっては湿度の管理もとても重要であるため、しまい込みのまま長期間の保管は着物の価値を下げてしまいますので注意して下さい。

【3、着物の種類】

着物には用途や素材によって多くの種類が存在します。

洋服にもフォーマルからカジュアル、ホームウェアなどがありますが、着物も同様です。

フォーマルな物であれば、黒留袖、訪問着、付下げ、色無地、振袖などです。

カジュアルな物だと、紬、小紋、ウール、木綿などが挙げられます。

一般的に高価な物とされるのが訪問着や付下げになるので、買取でも高額になりやすい種類です。

逆に、ウールや小紋などは普段着として着用されるので、安価の傾向にあります。

訪問着、付下げには京友禅や西陣織りがとても多く用いられています。

また、京繍を施した帯や着物は紅や金の鮮やか色彩を使っているものが多い高級なものです。

これらも、高額買取の対象になる傾向が強いですね。

【4、サイズ】

着物のサイズは『裄』というもので、簡単に説明すると、片腕(手首のくるぶしから)と背中の半分までの長さで、着物の場合は袖口から背中の中心の縫い合わせまでの長さです。

この着物のサイズが査定価格にもかなり影響します。

現在リサイクルされている着物を常用していたころの日本人は平均身長が低く、比較的小さい着物を中心に出回っています。

ですが、最近では日本人の手も長くなり、さらに海外からの需要も高まっていることなど、裄の大きいサイズがよく売れています。

そのため、小さいサイズよりはより大きいサイズが高価買取の対象になります。

【5、生産地や作家物などブランドとデザイン性】

着物にも人気の作家やブランドというものがあります。

知名度の高い作家がプロデュースした製品やブランド製ものは、当然のことながら買取価格が高額になります。

作家物なら、着物に烙印が入っているのですが、これが有名な作家ものだとさらに高額になります。

同様に生産地がまた重要になってきますので、しっかりと把握して査定の際に伝えるといいですね。

着物の流行はおよそ10年程度あると考えられているので洋服の流行よりも長いと言えますが、黒留袖や色無地など

需要が激減しているものは安価な買取になるので注意して下さい。

また、着物の柄でも最近は洋服柄のようなものが好まれている反面、古典柄などは最近レトロ人気が高く評価されています。

京都ではレトロ着物が特に人気が高く、昭和初期の着物などが大変好まれています。

また、作家物や伝統工芸品で産地が認定されているものは高額買取の対象になります。

【6、証紙は重要!】

着物には、証紙と呼ばれる品質の詳細が記載された保証書のような紙が添付されています。

新品で購入した場合に、証紙付きとそうでないものとは値段に雲泥の差があります。

先ほど作家物や生産地を説明しましたが、この場合でも証紙が付いていることがあります。

証紙は必ず付けて査定してもらいましょう!

ほんの一枚の紙ですが、着物の素材や作成者、産地などが記載され、証紙の内容を見るだけで着物に詳しくない人にも着物のランクがわかります。

有名作家物が多い西陣織や京友禅の証紙が、どこかにあった記憶がある人は是非探して下さい。

これが査定価格が格段に跳ね上がる理由です。

京都の着物買取店舗

着物の持込が可能なら直接店舗へ持込をする買取方法もあります。

京都でおススメの店舗情報をご紹介します。

一輝堂

住所:京都市下京区来迎堂町723番地(松原通り堀川西入る)

電話:075-406-0339

営業時間:10:00 ~ 17:30

定休日:日曜

詳細説明:専門の着物鑑定士による査定で価値ある着物もしっかり査定できるのが特徴です。振袖や留袖だけでなく、訪問着や小紋などの買取も行っています。

彼方此方屋(おちこちや)

住所:京都市下京区仏光寺通柳馬場東入仏光寺東町

電話:075-344-4566

営業時間:11:00 ~ 18:00

定休日:毎週月曜日・第2火曜日

詳細説明:アンティーク着物の買取・販売やリサイクル・リメイク等を通じ、着物を普段着感覚で楽しんで頂ける提案をしています。

京都きものセンター

住所:京都市中京区油小路通り二条上る

電話:0120-10-6300

営業時間:9:00 ~ 17:00

定休日:日曜

詳細説明:アンティーク着物、リサイクル着物を中心に買取をおこなう着物買取専門店。古くても思わぬ高額がつくと評判です。

京都高級呉服買取センター

住所:京都市山科区北花山大林町15-1

電話:0120-075-529

営業時間:9:00 ~ 18:00

定休日:土日祝

詳細説明:お近くにお住まいの方におすすめの店頭買取。その場で査定し、1点1点丁寧に説明してくれます。

アイディーネット 着物買取センター 宝の山

住所:京都市下京区高辻堀川町365番地(堀川通高辻下る)

電話:075-811-2006

営業時間:10:00 ~ 17:30

定休日:土日祝

詳細説明:買取の経験豊富なプロが査定してくれ、丁寧でわかりやすい説明が好評です。

京都四季彩

住所:京都市伏見区深草西浦町7-51 パレプリエ2 101

電話:075-643-7034

営業時間:10:00 ~ 21:00

定休日:無休

詳細説明:着物買取30年の実績で、経験豊富な着物専門の査定スタッフが査定をおこないます。傷んだ着物、帯や小物などの買取でも買取してもらえるのが特徴です。

きものリサイクルショップお花

住所:京都市左京区下鴨上川原町5-1

電話:075-712-1968

営業時間:11:00 ~ 18:00

定休日:木曜

詳細説明:買取、販売、レンタル、仕立てやお直しも行っています。持込買取は事前に電話予約が必要です。

古美術 八光堂 京都本店

住所:京都市中京区錦小路通東洞院東入る西魚屋町612-12 1F

電話:0120-29-8510

営業時間:10:00 ~ 18:00

定休日:年末年始

詳細説明:着物の他にも骨董品や美術品なども買取可能です。持込買取は事前に電話予約が必要です。

質屋 丸福

住所:京都市山科区御陵中内町 山科区御陵中内町38

電話:0120-707-878

営業時間:9:00 ~ 19:00

定休日:日曜、祝日、第1・第3土曜

詳細説明:鑑定眼は確かな伝統的買取ショップです。

質にしきの

住所:京都府京都市上京区東堀川通下立売上る197番地

電話:075-441-7777

営業時間:9:00 ~ 19:00

定休日:日祝

詳細説明:創業60 余年の老舗、他店以上の高価買取・質入を目指しています。

有限会社武田質店

住所:京都市南区西九条西蔵王町10番地の2

電話:075-691-0438

営業時間:10:00 ~ 19:00

定休日:6・7・16・17・26・27日

詳細説明:昭和24年4月の創業で、三代に渡って受け継いできた質屋です。

どのようなものが買取対象になる?

着物買取を依頼する際に、「これは売れるの?」と迷う物がありますね。

ここからは、買取例の一部をご紹介していきますので迷った時にご参考にして下さい。

着物・帯などの買取例

フォーマル振袖・訪問着・単衣・女袴・打掛・掛下・付下・留袖・色留袖・色無地・初着・七五三関連・羽織

カジュアル:小紋・紬・ゆかた・道行

:袋帯・名古屋帯・角帯・兵児帯・半幅帯

和装小物帯〆・帯揚・草履・草履バッグセット・和装バッグ等・和装ショール・和装毛皮コート・下駄・襦袢

和装毛皮ショール等

小物類は帯留めや、珊瑚、琥珀などのアクセサリーも高価買取の対象です。

訪問着、付下げ、黒留袖、色留袖、帯など京都の織物はどれも高額対象になりやすいです。

その他小物類で、京くみひも、京扇子など伝統工芸品に認定されているものもあります。

高価買取例

高価買取の対象となりやすい着物の例です。

高価買取対象の着物

人間国宝や著名作家着物

全国染織

大島紬・結城紬・芭蕉布・友禅・越後上布・宮古上布・花織

有名百貨店

三越・高島屋・松坂屋・伊勢丹・大丸

有名呉服店

むら田・ますいわ屋・やまと・銀座きしや・銀座越後屋・銀座もとじ・銀座志ま亀

着物の著名作家や人間国宝等

青戸柚美江・稲垣稔次郎・山鹿清華・由水・十久・柚木沙弥郎・与那嶺貞・六谷梅軒・志村ふくみ・城間栄喜

城間栄順・鈴木紀絵・鈴木苧紡庵・鈴田滋人・芹沢銈介・添田敏子・野口彦太郎・野口真太郎・羽田登喜男

林宗平・百貫華峰・福田喜重・古澤万千子・細見華岳・龍村平蔵・龍村晋・田畑喜八・玉那覇有公・談議所

栄二・小宮康孝・坂口幸市・佐々木苑子・清水幸太郎・札幌あやの・辻村ジュサブロー・鳥巣水子・中村勝馬

上野為二・浦野理一・小川善三郎・小川規三郎・山田貢・柳悦博・山岸幸一・山下めゆ・山下八百子・若松華瑶

熊谷好博子・甲田栄佑・甲田綏郎・小島悳次郎・小島貞二・児玉博・小宮康助・中村勇二郎・本郷大二

本郷孝文・毎田健治・毎田仁郎・松井青々・松枝玉記・松枝哲哉・松原定吉・松原利男・水野 博・平良敏子

高久空木・高久尚子・田島隆夫・田島拓雄・田島比呂子・中町博志・成竹登茂男・南部芳松・新田秀次・

新田英行・能川光陽・野口功造・野口真造・皆川月華・小倉建亮・小倉淳史・柿本市郎・梶山伸・鎌倉芳太郎

喜多川平朗・喜多川俵二・北村武資・木原明・木村雨山・久保田一竹・宗廣力三・森口華弘・森口邦彦・

森山虎雄・山田栄一・宮平初子

作家物は烙印とサインが着物に入っていますので、前合わせの部分を確認しましょう。

重要無形文化財・各地染織品綾の手紬

明石縮・飯田紬・伊勢崎銘仙・伊兵衛織八重山上布・弓浜絣・結城紬・読谷山花織・与那国織・琉球花織

琉球紅型・琉球絣精好仙台平・丹波布・秩父銘仙・江戸中型・近江上布・置賜紬・小千谷縮・大島紬・貝紫・

加賀友禅・喜如嘉の芭蕉布・黄八丈・京友禅・葛布・久米島紬・久留米絣・伊那紬・上田紬・牛首紬・越後上布

江戸小紋・薩摩絣・薩摩木綿・塩沢紬・科布・首里の織物・首里織・信州紬・白鷹紬・綿薩摩・郡上紬

献上博多織・楮布・小倉縞・作州絣・ざんざ織・十日町御召・紬・長井紬・南部紫根染・茜染・能登上布

西陣織・芭蕉布・紅型・備後絣・宮古上布・ミンサー織り

例として一部ご紹介しましたが、この他にも色々な生産地や織物、作家物などがあります。

西陣織、京友禅には作家物が多くあります。

まとめ

京都の着物買取を行うなら、出張買取がおススメです。

高価な着物を自分で運ぶ手間もなく、移動の際に着物を傷付けることもありません。

また、着物の価値がわかる査定員が揃っていることもおススメのポイントです。