着物の知識が少ない人でも「加賀友禅」という言葉を聞いたことがあるはずです。

石川県を代表する加賀友禅は、その名を国内外にまで知れ渡るほど有名な織物です。

古くから着物と深い関わりのある石川県において、着物の需要は全国でもトップクラスですね。

となると、石川県にお住まいでタンスに眠っている着物をそのままにしておくことは勿体無いことだと思いませんか。

どんなに高価な加賀友禅でも保管状況が悪いとその価値は0円になることもあります!

これでは後悔しても、もう手遅れ・・そうなる前に着物買取で高額買取を成功させて下さい。

今回は石川県で失敗しない着物買取術を徹底調査します。

Contents

石川県の着物文化

石川県の着物文化は日本を代表するほど有名なものです。

加賀友禅(かがゆうぜん)

加賀友禅の特徴は、「加賀五彩」といわれる燕脂、藍、黄土、草、古代紫などの色を基調にして描かれる花や植物、風景など自然をモチーフにした写実的なデザインにあります。

京友禅や東京友禅とともに日本三大友禅の一つとされていて、その名前を誰でも一度は聞いたことがあるほどです。

加賀友禅の特徴は、模様の外側から内側へ向かって濃い色を薄い色にしていく「先ぼかし」や、木の葉などの模様に墨色の点で描く「虫食い」の表現方法です。

そのため、武家風の落ち着いた気品があるといわれています。

牛首紬

石川県石川郡白峰村が生産地である牛首袖の特徴は、釘に引っ掛けても反対に釘が抜けてしまうといわれるほどの丈夫さにあり、別名「釘抜紬」とも呼ばれています。

その特徴は、2匹の蚕が入っている「玉繭」から直接糸を引き出して製糸しているため、絹糸は太くて節があり、素朴な美しさにあります。

節の浮いた強くしっかりとした独特の質感をもつ、光沢のある生地が着物通に大変人気があります。

能登上布

石川県の能登、羽咋地方で生産されている夏の麻織物の総称です。

崇神天皇の皇女がこの土地に上布の作り方を伝えたことが起源と言われているほど、その歴史はとても古いです。

織幅に十文字絣を120個から140個織り出す絣合わせの正確さから、上布の最高級品とされています。

麻独特の通気性の良さや軽さに加えサラリとした肌触りが特徴です。

加賀繍(ぬい)

加賀繍の特徴は、模様が生地の表裏とも同じであるため糸切れなどの補修が容易であることや、肉入れ刺繍やポカシなど立体感のある技法から生まれる豪華で繊細な表現にあります。

金糸・銀糸などを多用しながら一針一針縫いつけるため、気品にあふれた着物や帯に仕上がります。

小松綸子(こまつりんず)

石川県小松市で生産されているなめらかで光沢がある絹織物です。

繻子織の変化組織で、糸の組み合わせ方によりさまざまな紋様を織りだすことが特徴で、着尺地、羽尺地、帯地などに使われています。

綸子が初めて織りだされたのは大正年間で、以後、小松市は綸子の一大産地となっています。

石川県でおススメの着物買取業者ランキング

石川県で着物買取に失敗しない着物買取術とは、出張買取にあります!

信頼性の高い専門業者を選ぶことが、着物買取成功に繋がります。

1位 スピード買取.jp

おススメ着物買取業者1位はスピード買取・jpです。

スピード買取.jpでは、宅配・出張・持込の3つの買取方法に対応した大手の買取サービスを行っています。

土日祝を含め365日・24時間受付をしてくれる着物買取専門店で、業界でも信頼性はトップクラスです。

買取査定のリピーターが多いことでも、スピード買取.jpの信頼性が分かります。

売却後にスピード買取より他店のほうが高いとわかった場合は全品返却してくれるほど自社の買取額に自信があります。

特に加賀友禅のような価値の高い物を判断するには、専門の知識が必要となりますので、査定も確かで買取額に自信のあるスピード買取に任せましょう。

さらに、出張査定には女性の査定員を指名することが出来て、女性の一人暮らしや高齢の人にも安心できるサービスです。

また、買取額に納得がいかなかった場合でもキャンセル料は発生しませんから、安心して出張買取を依頼出来ますね。

24時間 査定申し込み受け付けていますので、専用フォームより申し込んで下さい。

スピード買取.jp 出張買取可能地域

【石川県下全域】

金沢市・七尾市・小松市・輪島市・珠洲市・加賀市・羽咋市・かほく市・白山市・能美市・野々市市

【石川県の市町村郡】

能美郡川北町・河北郡津幡町・河北郡内灘町・羽咋郡志賀町・羽咋郡宝達志水町・鹿島郡中能登町

鳳珠郡穴水町・鳳珠郡能登町

スピード買取.jp 口コミコメント

石川県金沢市に住む主婦です。知人からもらった柄や色が古い着物でも、無事に買取してもらうことができました。

申し込みから買取までやり取りがとてもスムーズで、特に困ることもありませんでした。

当日来て頂いた査定員が本当に丁寧な方でした。よろしくお伝えください。  50代 女性

私が住む石川県珠洲市には、着物買取を行っている業者があまりなく、スピード買取.jpに出張買取をしてもらうことにしました。

価格にがっかりするかなと思っていましたが、予想以上の金額をつけてもらえて満足しています。

40代 女性

2位、着物買取プレミアム

口コミランキング2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

帯や小物なども高額買取が可能で、大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

申込み方法は専用フォームから簡単に行えます。

着物買取プレミアムの最大の強みは「どこよりも満足いただける価格」「どこよりも早いスピード」「どこよりも質のいいサービス」にあります。

着物査定に特化した専門の査定員が常駐しているので、加賀友禅や牛首紬など高級品もしっかり見極めて高額買取が可能となります。

着物買取プレミアム 出張買取可能地域

【石川県内・市】

金沢市・七尾市・小松市・輪島市・珠洲市・加賀市・羽咋市・かほく市・白山市・能美市・野々市市

【石川県の市町村郡】

能美郡・河北郡・羽咋郡・鹿島郡・鳳珠郡

着物買取プレミアム 口コミコメント

着物に関しては少し知識があったので、もし自分の納得のいく査定でなければキャンセルしようかな、という考えも少しある中での買取依頼だったのですが、さすがプロの方、良いものだとわかってくれて満足のいく価格で買取ってもらうことができました。  50代 女性

こちらの対応は終始本当に気持ちが良いものなので着物の買取依頼を考えている方には強くおすすめしたいです。

値段もこちらの想像以上の額を提示していただき大満足です。

まだ家の箪笥には着なくなった着物が眠っているので近いうちに依頼しようと思います。 60代 女性

3位、着物買取専門の福ちゃん

口コミランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

3位の着物買取専門の福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

石川では「加賀友禅」や「牛首紬」という特殊な技法があり、 着物専門の知識のあるスタッフが必要となります。

着物買取専門の福ちゃんには経験豊富な査定員が多く、女性の着物はもちろん、男性の着物も高く売れると人気が高い買取業者です。

また、より高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

さらに【着物買取専門の福ちゃん】では石川県を含め、北陸の独自の着物買取ネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できる1つのポイントです。

古いものや、シミがあるからと諦める前にまずは福ちゃんに相談してみましょう。

無料査定フォームから申込む方法と、フリーダイヤルから申込む方法があります。

着物買取専門の福ちゃん 出張買取可能地域

【石川県下全域】

金沢市・七尾市・小松市・輪島市・珠洲市・加賀市・羽咋市・かほく市・白山市・能美市・野々市市

【石川県の市町村郡】

能美郡川北町・河北郡津幡町・河北郡内灘町・羽咋郡志賀町・羽咋郡宝達志水町・鹿島郡中能登町

鳳珠郡穴水町・鳳珠郡能登町

着物買取専門の福ちゃん 口コミコメント

白地でシミや色抜けがあった帯を、色掛けして直したものの使うことがなかったので買取って頂きました。

帯だけで査定に来てもらうのはちょっと気が引けましたが頼んでよかったと思います。 60代 女性

物腰の低く優しい方がこられましたのでとても安心できましたし、査定される方がきちんと品物を査定できるという点も良かったですね。

最近は写真をとって本部に送っての査定が多いらしいので、こういった基本的なところをしっかり教育されている会社がやっぱり良いですね。  50代 女性

出張買取をおススメする理由

なぜ石川県で出張買取をおススメするのか、それには理由があります。

【理由1 手間が少ない】

着物はとにかく重い!そう感じている人は多いですね。

重量のある着物を店舗に運ぶ手間はとても大変です。

でも、出張買取なら自宅で査定が出来るため、着物を運ぶ手間がありません。

さらに、宅配買取と比べて梱包する手間もありませんから、自分で時間を掛ける必要がありません。

このように高齢の人や、1人暮らしの人には出張買取が最適と言えます。

加賀友禅や牛首紬など、高級品の保管や移動にはとても気配りが必要です。

雑な扱いをした結果、折りシワやシミを付けてしまうこともありますので、慎重な扱いが必要とされます。

このような手間を自分で行うことは一苦労ですから、出張買取に任せましょう。

【理由2 着物買取専門店の高額査定】

リサイクル店や呉服店、質屋などでは着物買取専門の査定員がいない場合や、知識があまり豊富でない査定員であることが多いです。

出張買取では、知識の豊富な査定員がしっかりとチェック・査定を行うため、着物の価値に見合った高額での買い取りをしてくれます。

有名産地「石川」の着物を見極めるには、 着物専門の知識のあるスタッフや、 着物の知識に長けた熟年の査定員が常駐していることです。

高価な着物を低価格査定されないためにも、出張買取がおススメです。

高く売るためのコツ は?

出張買取において、高く売るためのコツとはどのようなものでしょうか。

ここからは、高く売るためのコツをご紹介していきます。

【1、素材】

着物の買い取り額は、着物に使われている素材が最も大きなポイントとなります。

素材と一言で言ってもその種類は豊富です。

絹やウール、木綿、麻、化繊と様々ですが、特に正絹でできている着物が最も高い値段が付けられる可能性が高いと言えます。

正絹は希少性が高く価値が高い素材で、新品で購入する際も正絹で作られている反物は高額で販売されています。

一般的に着物の重さは「もんめ」という単位が使われていますが、その重量も査定額に関係があって、重量であるほど高額になると考えられています。

また、ポリエステルなどの化学繊維で作られた着物は安価になりやすいので、着物の素材はなるべく把握しておきたいですね。

夏の麻織物である能登上布は、麻素材ですが正絹と並んで高額査定の対象となります。

【2、着物の状態】

買取に出す場合、保存状態が大きく買取額に影響を与えます。

着物は洗濯することができないため、シワや汗じみ、虫食い、カビなどが発生していると買取価値は低く査定されます。

正絹とウールの着物を一か所で保管をしていた場合、虫食いが正絹にまで及んでしまうので保管場所には充分な注意が必要です。

また、日本の湿度の高さも着物にはあまり良い環境ではありません。

たんすにキチンと仕舞ってあっても、風通しが良くない環境であれば保管カビや、シミが発生します。

一度着用した着物であれば長期間の保管になると、尚更にカビやシミが発生していきます。

高価な着物でも、これでは買取価格は予想以上に低いものになり、納得のいかない買取になる場合が多いです。

面倒でも高額買取のためには、年に一回のペースで風通しをすることをおススメします。

特に加賀友禅は手書き染によるものが多く、保管状況が悪いと染料同士がくっつくことがあります。

しっかりとした保管が高額買取を成功させる方法です。

【3、着物の種類】

着物には用途や素材によって多くの種類が存在します。

洋服にもフォーマルからカジュアル、ホームウェアなどがありますが、着物も同様です。

フォーマルな物であれば、黒留袖、訪問着、付下げ、色無地、振袖などです。

カジュアルな物だと、紬、小紋、ウール、木綿などが挙げられます。

一般的に高価な物とされるのが訪問着や付下げになるので、買取でも高額になりやすい種類です。

逆に、ウールや小紋などは普段着として着用されるので、安価の傾向にあります。

訪問着、付下げには加賀友禅がとても多く用いられています。

また、加賀繍を施した帯や着物は金糸、銀糸が多く礼装用に着用される高級なものです。

これらも、高額買取の対象になる傾向が強いですね。

【4、サイズ】

着物のサイズは『裄』というもので、簡単に説明すると、片腕(手首のくるぶしから)と背中の半分までの長さで、着物の場合は袖口から背中の中心の縫い合わせまでの長さです。

この着物のサイズが査定価格にもかなり影響します。

現在リサイクルされている着物を常用していたころの日本人は平均身長が低く、比較的小さい着物を中心に出回っています。

ですが、最近では日本人の手も長くなり、さらに海外からの需要も高まっていることなど、裄の大きいサイズがよく売れています。

そのため、小さいサイズよりはより大きいサイズが高価買取の対象になります。

【5、生産地や作家物などブランドとデザイン性】

着物にも人気の作家やブランドというものがあります。

知名度の高い作家がプロデュースした製品やブランド製ものは、当然のことながら買取価格が高額になります。

作家物なら、着物に烙印が入っているのですが、これが有名な作家ものだとさらに高額になります。

同様に生産地がまた重要になってきますので、しっかりと把握して査定の際に伝えるといいですね。

着物の流行はおよそ10年程度あると考えられているので洋服の流行よりも長いと言えますが、黒留袖や色無地など

需要が激減しているものは安価な買取になるので注意して下さい。

また、着物の柄でも最近は洋服柄のようなものが好まれている反面、古典柄などは最近レトロ人気が高く評価されています。

石川県が有名な生産地であるため、地元名産の着物は積極的に買取ってもらいましょう。

【6、証紙は重要!】

着物には、証紙と呼ばれる品質の詳細が記載された保証書のような紙が添付されています。

新品で購入した場合に、証紙付きとそうでないものとは値段に雲泥の差があります。

先ほど作家物や生産地を説明しましたが、この場合でも証紙が付いていることがあります。

証紙は必ず付けて査定してもらいましょう!

ほんの一枚の紙ですが、着物の素材や作成者、産地などが記載され、証紙の内容を見るだけで着物に詳しくない人にも着物のランクがわかります。

特に牛首紬の証紙には、工房、職人名、伝統工芸認定証などが記載されています。

この一枚の証紙が保証する情報があれば、次に購入する人へ信頼と安心が保証出来るため、販売価格も高く出来るのです。

これが査定価格が格段に跳ね上がる理由です。

石川県の着物買取店舗

着物の持込が可能なら直接店舗へ持込をする買取方法もあります。

石川県でおススメの店舗情報をご紹介します。

骨董買取専科

住所:石川県金沢市福久町ヲ119-1

電話:0120-863-445

営業時間:10:00 ~ 17:00

定休日:無休

詳細説明:金沢市にある30年の実績と信頼のある骨董品と着物中心の買取専門店です。

金沢花友禅

住所:石川県金沢市窪5丁目626

電話:076-241-0003

営業時間:10:00~19:00

定休日:火曜

詳細説明:訪問着からバック・ぞうりに至る小物まで買取できます。

野々市マルケット キモノオフ

住所:石川県野々市市若宮町21-2

電話:076-294-8830

営業時間:10:00-21:45

定休日:無休

詳細説明:取扱品は着物および和装小物です。

ジャムルK(旧リサイクルショップキング)

住所:石川県小松市大領町ロ61

電話:0761-23-1968

営業時間:10:00 ~ 20:00

定休日:年末年始

詳細説明:着物・帯・古くても買い取ります!小物もOK

越田商店

住所:石川県金沢市森山2-1-32

電話:076-252-6569

営業時間:[平日] 10:30~18:30 [土曜] 12:00~18:00

定休日:日曜・祝日

詳細説明:高級呉服、大島紬、結城紬、留め袖、付下げ、訪問着、袋帯など取り扱いします。

石川買取サービス ねこの手

住所:石川県金沢市天神町1-4-47

電話:076-255-6184

営業時間:10:00~19:00

定休日:月曜

詳細説明:不用になった着物や和装小物などを高額査定・現金買取します。

アンティーク光りん

住所:石川県金沢市百坂町ロ56番地5

電話:076-257-1588

営業時間:9:30~17:00

定休日:不定休

詳細説明:古い着物・帯を取り扱っています。古い物ならば、捨てる前に相談して下さい。

みかこ金沢店

住所:石川県金沢市堀川町7─20

電話:076-214-4446

営業時間:

定休日:

詳細説明:詳細は店舗までお問い合わせ下さい。

宮川商店

住所:石川県金沢市野町1丁目1-35

電話:076-241-4334

営業時間:9:30~19:30

定休日:水曜

詳細説明:昔の古いきものから高級呉服まで取り扱っています。

どのようなものが買取対象になる?

着物買取を依頼する際に、「これは売れるの?」と迷う物がありますね。

ここからは、買取例の一部をご紹介していきますので迷った時にご参考にして下さい。

着物・帯などの買取例

フォーマル振袖・訪問着・単衣・女袴・打掛・掛下・付下・留袖・色留袖・色無地・初着・七五三関連・羽織

カジュアル:小紋・紬・ゆかた・道行

:袋帯・名古屋帯・角帯・兵児帯・半幅帯

和装小物:帯〆・帯揚・草履・草履バッグセット・和装バッグ等・和装ショール・和装毛皮コート・下駄・襦袢

和装毛皮ショール等

小物類は帯留めや、珊瑚、琥珀などのアクセサリーも高価買取の対象です。

訪問着、付下げ、黒留袖、色留袖、など石川県産の織物はどれも高額対象になりやすいですね。

高価買取例

高価買取の対象となりやすい着物の例です。

高価買取対象の着物

人間国宝や著名作家着物

全国染織

大島紬・結城紬・芭蕉布・友禅・越後上布・宮古上布・花織

有名百貨店

三越・高島屋・松坂屋・伊勢丹・大丸

有名呉服店

むら田・ますいわ屋・やまと・銀座きしや・銀座越後屋・銀座もとじ・銀座志ま亀

着物の著名作家や人間国宝等

青戸柚美江・稲垣稔次郎・山鹿清華・由水・十久・柚木沙弥郎・与那嶺貞・六谷梅軒・志村ふくみ・城間栄喜

城間栄順・鈴木紀絵・鈴木苧紡庵・鈴田滋人・芹沢銈介・添田敏子・野口彦太郎・野口真太郎・羽田登喜男

林宗平・百貫華峰・福田喜重・古澤万千子・細見華岳・龍村平蔵・龍村晋・田畑喜八・玉那覇有公・談議所

栄二・小宮康孝・坂口幸市・佐々木苑子・清水幸太郎・札幌あやの・辻村ジュサブロー・鳥巣水子・中村勝馬

上野為二・浦野理一・小川善三郎・小川規三郎・山田貢・柳悦博・山岸幸一・山下めゆ・山下八百子・若松華瑶

熊谷好博子・甲田栄佑・甲田綏郎・小島悳次郎・小島貞二・児玉博・小宮康助・中村勇二郎・本郷大二

本郷孝文・毎田健治・毎田仁郎・松井青々・松枝玉記・松枝哲哉・松原定吉・松原利男・水野 博・平良敏子

高久空木・高久尚子・田島隆夫・田島拓雄・田島比呂子・中町博志・成竹登茂男・南部芳松・新田秀次・

新田英行・能川光陽・野口功造・野口真造・皆川月華・小倉建亮・小倉淳史・柿本市郎・梶山伸・鎌倉芳太郎

喜多川平朗・喜多川俵二・北村武資・木原明・木村雨山・久保田一竹・宗廣力三・森口華弘・森口邦彦・

森山虎雄・山田栄一・宮平初子

作家物は烙印とサインが着物に入っていますので、前合わせの部分を確認しましょう。

重要無形文化財・各地染織品綾の手紬

明石縮・飯田紬・伊勢崎銘仙・伊兵衛織八重山上布・弓浜絣・結城紬・読谷山花織・与那国織・琉球花織

琉球紅型・琉球絣精好仙台平・丹波布・秩父銘仙・江戸中型・近江上布・置賜紬・小千谷縮・大島紬・貝紫・

加賀友禅・喜如嘉の芭蕉布・黄八丈・京友禅・葛布・久米島紬・久留米絣・伊那紬・上田紬・牛首紬・越後上布

江戸小紋・薩摩絣・薩摩木綿・塩沢紬・科布・首里の織物・首里織・信州紬・白鷹紬・綿薩摩・郡上紬

献上博多織・楮布・小倉縞・作州絣・ざんざ織・十日町御召・紬・長井紬・南部紫根染・茜染・能登上布

西陣織・芭蕉布・紅型・備後絣・宮古上布・ミンサー織り

例として一部ご紹介しましたが、この他にも色々な生産地や織物、作家物などがあります。

まとめ

石川県は着物の産地としてとても有名な地域です。

加賀友禅を始めとして、能登上布、牛首紬、すべてが高級品と呼ばれるものばかりです。

自宅のタンスに眠らせておいては勿体無い!

長期間の保存は着物へのダメージが大きくなるばかりで、何も良い事はありません。

早めの処分を出張買取で行って下さい。