銘仙は気軽な街着として、とても人気のあった着物です。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、着物好きの人なら一目で銘仙だと分かるほど、有名な織物でもあります。

若い頃に着ていた銘仙がもう着れなくなったまま、タンスに保管し続けていませんか。

生産量の減った銘仙には、古典的な柄と希少価値も付加されて中古着物としては人気が高まってきています。

次の世代に銘仙を引き継ぐためにも、保管をしているよりは買取に出して着物に新しい命を吹き込みましょう。

銘仙とは?

銘仙は平織りの絹の着物で、大正時代を代表する着物です。

葛繭や玉繭から採れる太い糸を緯糸に用いた、丈夫な平織物で、大衆着として普及しました。

明治時代には縞柄が多かったようですが、大正中期に「解し織」という技法ができ、柄の種類が豊富になりました。

解し織りとは、経糸を並べてずれないように仮織りし、柄を型染めした後、仮織りの緯糸を抜きほぐしながら、再度緯糸を通して本織りします。

この解し織の技術により、多色使いでより複雑な図柄の生地を生産できるようになり、当時の流行の着物となりました。

銘仙の種類

銘仙は日本各地に産地があり、独自の発展を遂げました。

ここでは代表的な銘仙の種類をご紹介します。

伊勢崎銘仙

群馬県の伊勢崎とその周辺で生産される絹織物です。

伊勢崎銘仙の特徴は、絣柄の技法です。

「併用絣」と呼ばれる、経糸緯糸を同一の型紙で染めた絣糸を作り、柄に合わせて織る技法を用いることで、大胆で鮮やかな柄を表現したり、また色数の多い柄を織り出すことができました。

足利銘仙

栃木県の足利で生産される絹織物です。

足利銘仙の特徴は縞と絣柄で、特に絣柄は細かく精密なものも多く、種類が豊富です。

綿銘仙、絹綿交織の文化銘仙が有名で、着尺、羽尺、座布団、丹前などの実用的・大衆的な用途がありました。

秩父銘仙

埼玉県の秩父で生産される絹織物です。

秩父銘仙の特徴は、表裏のないことと、玉虫色の色調です。

その質感は秩父銘仙でなければ表現できないと言われる程で、独自の技法は伝統工芸品として高い評価を受けています。

八王子銘仙

東京都の八王子市周辺で生産されている絹織物です。

八王子はかつて養蚕や絹織物業が盛んで、様々な織物が織られていました。

「カピタン織り」という他の地域の織り方とは一線を画す独自の技法が注目の八王子銘仙着物は、細かい織りが作りあげる複雑な折り目が特徴です。

銘仙ってそもそも売れるのか?

銘仙は売れます

古典柄やレトロ感のある銘仙は、若い人に人気があって、リサイクル着物として販売されやすい着物です。

販売価格も手ごろな物が多くて、一枚は持っていたい着物として着物通にも注目されています。

銘仙が売れない場合って?

では、銘仙が売れない場合とはどのようなケースでしょう。

1、色柄が古い

大正時代に大流行した銘仙は、昭和時代にも大量に生産されていました。

手頃であること、カジュアルな普段着であること、などの理由で現在の銘仙はほとんどが昭和時代の物が流通しています。

レトロな古典柄でない場合は、色柄が現代の好みに合わないと売れません。

銘仙の柄は、淡い花柄が多いので年配者にはやや敬遠されがちなことも理由です。

2、状態が悪い

着物全般に言えることですが、汚れやシミ、シワ、カビなどが目立つ物、また正絹ではない素材(ウールや化繊)は売れない、または低価格になりやすいです。

産地によっては、ウールや綿と交織の銘仙も多いので素材の確認も必要ですね。

3、サイズも重要

着物は誂えた人のサイズであるため、裄や身幅が極端に小さいものや大きいものは買取を断られることがあります。

また、袖丈も大切でひと昔前の50㎝を越える袖丈は買取出来ない場合があるので注意して下さい。

昭和時代の裄は64㎝が標準だったこともあり、銘仙には小さいサイズが多いようです。

口コミからわかる銘仙の売買相場は

銘仙の評価は産地や柄によってかなり分かれます。

状態の悪いもの、正絹ではないものだと数十円から、現代銘仙として生産されたもの、作家物などは数千円となります。

銘仙の平均買取価格は、1000円前後です。

売却時に注意することとは?

銘仙を売却する時に注意することを詳しく解説します。

1.状態の確認

銘仙を買取してもらう時は、着物の状態を確認して下さい。

長期間の自宅保存でシミやカビ、シワなどが目立つ場合は簡単にお手入れをしておきましょう。

銘仙は気軽に着用できる着物であるためシミを付けやすい場面が多いので、そのまま仕舞いこんでいることがあります。

特に、食事中に付けた袖口や袂など汚れやすい部分のチェックも忘れないで下さい。

タンスに20年以上も保管したまま、という人は虫食いによる穴あきも確認して下さい。

2、証紙を付ける

着物を購入した際には必ず証紙や証明書が付いてきます。

銘仙も着物作家の作品が多く、落款が着物に入っているにも関わらず証紙が無い為に査定額が低くされるケースもあります。

伝統工芸品もまた同様で、産地証明書を必ず保管しておきましょう。

3、サイズを確認

着物のサイズが分からない人も多いですが、着物は裄というサイズ表示をします。

裄とは袖口から背中中心までの長さです。

裄丈64㎝以下、身丈が160㎝以下、袖丈49㎝から+-3㎝、このようなサイズの着物は買取価格があまり期待できないと考えて下さい。

裄が67㎝以上の銘仙は需要が高く、未使用品であれば相場以上が期待出来ます。

どういう種類が高く売れる?

銘仙でどのような種類が高く売れるか? 詳しく解説します。

1、有名産地である

秩父銘仙、足利銘仙など有名産地のものは高く売れます。

銘仙は日本各地で生産されていますが、銘仙五大産地と呼ばれる銘仙は相場以上が期待出来ます。

2、現代銘仙

アンティークで大正時代の銘仙を手に入れることは、今はほぼ不可能です。

昭和時代の銘仙は色柄、状態が悪いケースが多くて高い買取価格は期待出来ません。

現代銘仙と呼ばれるものは、ポップで色柄も可愛いらしくデザイン性が高い着物で、サイズが大きいため高く売れます。

高価で売れるコツ

銘仙が高値で売れるコツとは?

・証紙や証明書を付ける

銘仙で高価買取を目指すなら証紙や証明書があることが重要です。

あると無いとでは、驚くほど価格に影響が出るもので、購入時や祖母や母から譲り受けた時に捨ててしまわないように注意して着物と一緒に大切に保管して下さい。

リーズナブルな銘仙であっても、作家物作品は存在しています。

証紙が無ければその価値は下がってしまいますので、注意して下さい。

・シミやシワを付けたままにしない

着物のシミやシワを取り除くことは慣れない人にはミスも多いのですが、出来るだけ取り除いておきたいですね。

アイロンを直接着物に押し付けない、大量の水で拭かない、など一般的な知識で出来ることでも着物の状態は大分違ってきます。

普段使いで着る銘仙は、礼装用ほど神経質になることが少ないので汚れを付けやすいものです。

汚れたままで仕舞いこみをしないように気を付けておきましょう。

・売ると決めたら早めに売る!

着物の管理は大変です。

早めに手放すことも高く売る為には大事です。

長期保管でシミやシワを増やさないことを心掛けましょう。

また、銘仙の特徴である柄も時代を感じさせる場合があると高く売れません

・リサイクルショップや知識のない店では売らない

リサイクルショップは販売を目的に買取を行っています。

そのため、その店の販売需要を一番に考えて買取価格を設定しているので、高価な着物も低い買取価格になりやすいです。

種類の豊富な銘仙は見極めが難しく、現代では生産されていないものもあって安い着物と間違われやすいですね。

ウールや木綿など正絹ではない銘仙も数多く流通していますが、こういったものでも高価なものが混ざります。

着物の知識が無いと、正しい査定が出来ないので高い買取価格には結びつきませんね。

以上が銘仙を高く売るコツです。

売るとしたら、どういうところがいい?

買取相場が低い銘仙を少しでも高く売りたい!

では、どういうところに売るといいでしょう。

1、リサイクルショップや質屋

一般的なリサイクルショップでは、着物はなかなか買取価格がつかないのが現実です。

有名作家の作品でも、リサイクルショップでは高額で販売しづらい現実があって高い買取価格を提示してきません。

また、銘仙は年配者向けではない柄が多いためリサイクル着物でも、若い人に人気が高い着物です。

若いユーザーのリサイクル着物店を探す必要があり、地方部では数が限られます。

2、ネットオークションで出品する

インターネットオークションに出す方法です。

ネットオークションでも銘仙の需要はありますが、設定した金額で売れる保証は無く、出品の手間や梱包・発送を考えるとなかなか大変な作業です。

大量に出回っている銘仙は、値段も安く設定しないと売れにくい状況にあります。

また、売れるまでの保管をしなくてはならないので、着物の状態はその間に悪くなっていきますから、リスクも高いですね。

3、着物買取業者に依頼する

着物買取専門店には着物に精通した専門の査定員がいるので、作家物や有名産地のもの、価値の高い柄でも見極めることが出来ます。

特におすすめなのが、宅配買取よりも出張買取です!

宅配買取では価格に納得がいかない場合、返却送料が自己負担になることがあって査定は無料でもコストが掛かることがあります。

その点、出張買取ならキャンセル料も無料で、もちろん出張料・手数料なども掛かりません。

出張買取をおすすめしたい理由

【理由1、査定料、出張料、手数料が無料】

出張買取はネットから申込むだけと手軽で簡単、さらにすべての費用が無料で行えます。

上記でも触れましたが宅配買取の場合は、査定額に納得が出来ない時の返却送料が自己負担になる業者もあって、送料によるトラブルが口コミでも目立ちます。

【理由2、手間が掛からない】

出張買取では、自宅に査定員が訪問してくれるため、重い着物を運ぶ手間も必要ありません。

着物を梱包する手間と時間まで省けます。

さらに、一番のおススメポイントは手間が掛からないからまとめて売却が出来ることです。

【理由3、知識のある査定員が査定してくれる】

着物に知識がない人は、着物の価値が分からないので査定額が高いのか、安いのかも分からないですね。

その点、出張買取ではプロの査定員が対面で着物を査定してくれるので、分からないところは質問が出来ます。

リサイクルショップや宅配買取に不安がある人でも、知識が豊富な出張買取の査定員なら安心です。

【理由4、その場で現金化出来る】

自宅で査定が終了、買取が成立すればその場で現金を受け渡してくれます。

4、おススメ出張買取業者ベスト3

私がおススメする出張買取業者をランキングで詳しく解説します。

1位、 バイセル

おススメランキング1位のバイセルは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇り、高額買取に自信があります。

出張査定を初めて利用する人でも安心できるように、女性の査定員を指名できるサービスも人気の理由です。

知識の豊富な査定員を取り揃えているので、着物に詳しくない人でも信頼して任せられます。

作家物や、柄が豊富で大量生産されていた銘仙でも、着物の知識ある査定員さんなら高額買取に繋げてくれます。

さらにバイセルでは、出張料などの費用は全て無料で、もし査定額に納得できなかった場合のキャンセル料も一切かかりません。

出張買取の地域は全国に対応しています。

>>バイセルの公式サイトはこちら

2位、着物買取プレミアム

2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

昭和時代に大量生産された銘仙が自宅のタンスを占拠していませんか。

一気に不要な銘仙を手軽に片付けられるのは、出張買取だけです。

>>買取プレミアムの公式サイトはこちら

3位、着物買取専門の福ちゃん

ランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

経験豊富な査定員が多く在籍しているので、質の高い黒紋付なら高額買取を期待してもいいでしょう。

更に福ちゃんでは、より高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

他社では断られるような、汚れが多い、時代の古い銘仙も、福ちゃんなら買取が可能かも知れません。

また、着物買取ネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できることも1つのポイントです。

>>福ちゃんの公式サイトはこちら

以上の買取業者は、口コミの評判も高くアフターフォローや、クーリングオフ制度もしっかりしています。

押し買いなどで不快な思いをすることもなく、初心者でも安心して着物の売却が出来ます。

まとめ

銘仙は、母親の思い出と重なるほど大流行した着物です。

そのため、状態の悪いものや長期間の保管により劣化した物、化繊物が多く、高額買取になるケースは少ないと言えます。

でもこの先、保管を続ければもっと買取価格は下がっていきますので、この機会に買取に出してはいかがでしょうか。