着物の喪服でお葬式に参列している人を見かけることは、最近減ってしまいました。

近親者以外が喪服着物を着ること自体が慣習として薄れて、また親族も洋装を着用する人がほとんどですね。

ですが、自宅のタンスに喪服着物が保管されている人は多いはずです。

都心部よりも地方部のほうがこの傾向が強く顕れていて、嫁入り道具として母から娘へ持たせることが一般的とされた時代が背景にあります。

一度も着用することなく保管している喪服をリサイクルショップに持ち込む人の多くは、母親と娘の人数分の複数枚を持ち込んできます。

さらに夏用と袷の2種類を誂えることが当たり前でしたので、これが3人分となると6枚の着物を処分しなくてはなりません。

しかも喪服は売れないと聞きますが・・この噂は本当でしょうか。

喪服とは?

地色が黒の一色染めで、五つ紋を染め抜いた、柄や模様のない着物のことです。

黒紋付は五つ紋の第一礼装のきものとして、最も格の高いものとされます。

現在では喪服として用いられていますが、かつては婚礼の席で、媒酌人や親族が、花嫁を引き立てるためにこの黒紋付を着て、錦の帯を締めたそうです。

喪服は、もともとは喪中に哀悼の意を表すために着る着物のことですが、現在は告別式のときに着用する礼装となっています。

男性は黒の染め抜き五つ紋のきものと羽織に袴、女性は黒の染め抜き五つ紋のきものに黒帯が正装とされています。

喪服の場合には、帯や帯揚げ、帯締め、草履、バッグも必ず黒を用います。

黒の無地きものの生地は、関東では羽二重、関西では縮緬が好まれていましたが、近年は駒縮緬も多く用いられるようになりました。

帯は黒喪帯といって、黒一色の繻子や緞子の紋織を用いたもので、名古屋帯、袋名古屋帯、袋帯、京袋帯などがあります。

表が袷で冬用に、裏が絽や絽綴れの夏用に組み合わされ、一本で通年対応できるようになっている帯もあります。

近親者は、通夜や告別式などの服喪期間の儀式には、黒喪服と黒喪帯の正装で臨みます。

喪服の種類

ここからは喪服の種類について解説します。

1、黒喪服

男性は黒の染め抜き五つ紋のきものと羽織に袴、女性は黒の染め抜き五つ紋のきものに黒帯です。

帯や帯揚げ、帯締め、草履、バッグも必ず黒を使用して、長襦袢や半衿、足袋、下着類は白を用い、扇子は黒骨に扇面が白か黒の物を持つことで正装としています。

帯締めは平組、半衿は塩瀬にします。

喪服である黒の無地きものの生地は、関東では羽二重、関西では縮緬というように好みで違いがあります。

また、最近は駒縮緬も多く用いられるようになりました。

帯は黒喪帯といって、黒一色の繻子や緞子の紋織が正装にふさわしいとされています。

2、色喪服

黒喪服と黒喪帯が正式とされていますが、準礼装として黒喪服と色喪帯・色喪服と黒喪帯・色喪服と色喪帯の順に略式になります。

この場合も、長襦袢や小物は喪の正装と同じにします。

帯に黒を用いるよりも、きものに黒を用いる方が正装に近くなります。

色喪服は光沢の抑えられた生地で、茶、灰、藍、紫、エンジなどの地味な色目の無地(紋付)の着物です。

生地は縮緬が無難ですが、地紋(布地に織り出した模様)のあるものでは、吉祥文様などの祝いの文様を避けます。

または細かい柄の控えめな江戸小紋であれば「鮫・行儀・通し」を用いることもあります。

紋は染め抜きの一つ紋、もしくは三つ紋を入れます。

色喪帯は、白や鼠、紫などの地色に雲取、流水などの柄があるものや「夢」や「無」などの文字を写したもの、禅にちなむ図柄のものなどがあります。

喪服ってそもそも売れるのか?

着物喪服が売れない・・噂は本当でしょうか。

喪服は一般的な着物よりも売れない場合が多いのは事実です。

ほとんどのリサイクルショップや質屋では取り扱わないようですね。

でも、喪服は売れます

ただし、喪服の種類や条件によっては売れない場合があるので、注意して下さい。

喪服が売れない場合って?

では、喪服が売れない理由とは?詳しく解析してみましょう。

1、サイズが小さい

紋入りで誂えた喪服の着物は、年代が古い物が多くサイズが小さい物が多いですね。

20年以上前の物だと、裄64㎝が標準だったため現在のサイズより2㎝~3㎝小さいようです。

65㎝以下の着物は売れにくいと考えて下さい。

2、状態が悪い

着物全般に言えることですが、汚れやシミ、シワ、カビなどが目立つ物は売れない、または低価格になりやすいです。

黒一色の喪服は、汚れやシワが目立つので、着用回数が少なくても経年劣化などで状態が悪く見えやすい着物です。

また、素材は正絹であることが大前提であるため、化繊の喪服や正絹の質が悪いものは売れません

3、セットが揃っていない

正装として着用する場合、上記で解説しましたが、小物類まで黒で揃えることが重要なので、喪服はセットで購入する場合が多いです。

バッグや草履、帯などが揃っていないと買取が出来ないケースがあります。

口コミからわかる喪服の売買相場は

売れないケースもある喪服の買取相場は他の着物に比べると低めになります。

未使用品で縮緬など有名産地の着物でセットがすべて揃っている場合は数千円から10000円前後、それ以外は数百円程度と考えて下さい。

喪服の平均価格は、800円前後となります。

色喪服で着用する色無地もリサイクル着物として人気が高い着物ではないため、買取価格にほぼ変わりはありません。

売却時に注意することとは?

喪服を売却する時に注意することを詳しく説明します。

1.状態の確認

まず売却の時には着物の状態を確認して下さい。

どの着物にも当てはまることですが、長期間の自宅保管でシミやカビ、シワなどが目立つ場合は簡単にお手入れをしておきましょう。

特に黒一色の着物である喪服は衿筋の汚れやカビが目立ちます。

さらに、黒濃色は色あせや色やけも目立つので、保管が長期になると気が付かないうちタンスの中で、色あせしている着物もよくあります。

売却前に状態を確認しましょう。

2、証紙を付ける

着物を購入した際には必ず証紙や証明書が付いてきます。

喪服の着物は作家物や有名産地の織物も含まれているので、証紙や証明書は重要です。

伝統工芸品もまた同様で、産地証明書を必ず保管しておきましょう。

3、サイズを確認

着物のサイズが分からない人も多いですが、着物は裄というサイズ表示をします。

裄とは袖口から背中中心までの長さです。

裄丈64㎝以下、身丈が160㎝以下、袖丈49㎝から+-3㎝、このようなサイズの着物は買取価格があまり期待できないと考えて下さい。

裄が67㎝以上の紬は中古着物でも需要があり、販売されやすい商品なので査定価格も3000円以上が期待出来るケースもあります。

どういう種類が高く売れる?

喪服で高く売れる種類を詳しく解説していきます。

1、未着用品

仕付け糸が付いた状態であれば、買取価格が高くなります。

帯と襦袢、バッグや草履といった小物がセットになっていると高く売りやすくなります。

2、作家物・伝統工芸品である

落款が入っている喪服で、有名作家物などは高く売れるケースが多いですね。

伝統工芸品の縮緬や、羽二重など有名産地であれば高額買取が期待出来ます。

高価で売れるコツ

喪服を少しでも高く売りたい!これで喪服が高値で売れる、そんなコツをご紹介します。

・証紙や証明書を付ける

証紙や証明書は何度も書きますが、とても重要なものです。

あると無いとでは、驚くほど価格に影響が出るもので、祖母や母から譲り受けた時に捨ててしまわないように注意して着物と一緒に大切に保管して下さい。

喪服は生地が重要となるため、産地証明書が付いていれば必ず保管して買取の時に一緒に出して下さい。

・シミやシワを付けたままにしない

着物のシミやシワを取り除くことは慣れない人にはミスも多いのですが、出来るだけ取り除いておきたいですね。

アイロンを直接着物に押し付けない、大量の水で拭かない、など一般的な知識で出来ることでも着物の状態は大分違ってきます。

無理なやり方でシミを取ろうとすると、かえって生地を傷めることになるので、黒色や色無地を扱う場合は細心の注意を払って下さい。

・セットを揃える

喪服はセットで販売されていることが多いので、リサイクル着物もセットが揃っていると高く売れます

帯や襦袢、草履などセットは揃えておきましょう。

・売ると決めたら早めに売る!

着物の管理は大変です。

早めに手放すことも高く売る為には大事です。

長期保管でシミやシワを増やさないことを心掛けましょう。

着物の流行は10年と言われています。

流行遅れになる前に売る、これも大切ですね。

・リサイクルショップや知識のない店では売らない

リサイクルショップは販売を目的に買取を行っています。

そのため、その店の販売需要を一番に考えて買取価格を設定しているので、需要の少ない喪服は低い買取価格を提示されるはずです。

知識のない人が査定する場合も同様で、着物の価値が分からない査定員では低い値が付きやすいです。

以上が喪服を少しでも高く売るコツです。

売るとしたら、どういうところがいい?

喪服を売ると決断したらどういうところへ売ればいいでしょうか。

大切な着物ですから少しでも高く売りたい、なるべく早く売りたい、手軽に手間を掛けないで処分したい、そんなことが出来るのか、着物に知識がな人は不安になりますね。

1、リサイクルショップや質屋

喪服のような普段着にならない着物は、一般的なリサイクルショップでなかなか買取価格がつかないのが現実です。

質屋でも作家物の高級品以外は取り扱うことは少ないですね。

こういう場合は、黒喪服は断られることが多いです。

2、ネットオークションで出品する

インターネットオークションに出す方法です。

喪服や色無地はネットオークションにも大量に出回っています

そのため、購入者はより状態の良い物を安価で選べることが出来て、なかなか販売までは繋がらないリスクを伴います。

3、着物買取業者に依頼する

着物買取専門店には着物に精通した専門の査定員がいるので、喪服の状態や需要など紋についても詳しく、紋の有無にかかわらず買取ってくれます

特におすすめなのが、宅配買取よりも出張買取です!

宅配買取では価格に納得がいかない場合、返却送料が自己負担になることがあって査定は無料でもコストが掛かることがあります。

その点、出張買取ならキャンセル料も無料で、もちろん出張料・手数料なども掛かりません。

出張買取をおすすめしたい理由

【理由1、査定料、出張料、手数料が無料】

出張買取はネットから申込むだけと手軽で簡単、さらにすべての費用が無料で行えます。

上記でも触れましたが宅配買取の場合は、査定額に納得が出来ない時の返却送料が自己負担になる業者もあって、送料によるトラブルが口コミでも目立ちます。

【理由2、手間が掛からない】

出張買取では、自宅に査定員が訪問してくれるため、重い着物を運ぶ手間も必要ありません。

着物を梱包する手間と時間まで省けます。

さらに、一番のおススメポイントは手間が掛からないからまとめて売却が出来ることです。

【理由3、知識のある査定員が査定してくれる】

着物に知識がない人は、着物の価値が分からないので査定額が高いのか、安いのかも分からないですね。

その点、出張買取ではプロの査定員が対面で着物を査定してくれるので、分からないところは質問が出来ます。

リサイクルショップや宅配買取に不安がある人でも、知識が豊富な出張買取の査定員なら安心です。

【理由4、その場で現金化出来る】

自宅で査定が終了、買取が成立すればその場で現金を受け渡してくれます。

おススメ出張買取業者ベスト3

喪服を高く売る最大のコツは、買取業者を選ぶことです。

ここなら安心!おススメ出張買取業者はこちらです。

1位、 バイセル

おススメランキング1位のバイセルは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇り、高額買取に自信があります。

出張査定を初めて利用する人でも安心できるように、女性の査定員を指名できるサービスも人気の理由です。

知識の豊富な査定員を取り揃えているので、着物に詳しくない人でも信頼して任せられます。

産地や作家など高額になる着物が低価格で買い取られた・・と後悔しないためにもバイセルをおススメします。

さらにバイセルでは、出張料などの費用は全て無料で、もし査定額に納得できなかった場合のキャンセル料も一切かかりません。

出張買取の地域は全国に対応しています。

>>バイセルの公式サイトはこちら

2位、着物買取プレミアム

2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

喪服は1人で複数枚自宅に保管している人が多く、大量の喪服も手軽にまとめて処分が出来ると口コミの評価も高い業者です。

>>買取プレミアムの公式サイトはこちら

3位、着物買取専門の福ちゃん

ランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

経験豊富な査定員が多く在籍しているので、質の高い黒紋付なら高額買取を期待してもいいでしょう。

更に福ちゃんでは、より高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

ずっと着ないまま自宅で保管していた大量の喪服も、福ちゃんならまとめて買取をしてくれます。

また、着物買取ネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できることも1つのポイントです。

>>福ちゃんの公式サイトはこちら

以上のおススメ買取業者は、口コミの評判も高くアフターフォローや、クーリングオフ制度もしっかりしています。

押し買いなどで不快な思いをすることもなく、不要な着物を売却出来ます。

まとめ

喪服を着る人が減っている現代では、その需要も減っています。

低価格になりやすい、あるいは買取を断られる、そのような喪服を少しでも高く売るコツは、買取業者を選ぶことです。

ぜひ、おススメの出張買取業者に依頼して下さい。