着物姿をより美しく装うために、必要な和装小物。

気が付くとたくさんの和装小物が揃ってしまい、使わない小物も増えていませんか。

不要な和装小物は思い切って処分しましょう。

でも、捨てるのは勿体無い!種類の豊富な和装小物は捨てずに買取に出して下さい。

そこで今回は、和装小物を買い取ってくれるところはあるのか、買取相場はいくらなのかについて徹底調査しました。

和装小物とは?

草履や足袋や帯締め、バッグなど、着物を着用する際に欠かせない小物のことです。

また、髪飾りや帯留めのように着物姿を華やかに飾ってくれる小物のことも和装小物と呼びます。

和装小物の中には小物としてだけでなく、素材に工芸品が使われていることも多い為「美術品」としての価値も高く評価される物もあります。

そして、その種類はとても豊富で、買取に出そうと思っても「買い取ってくれるのだろうか」と悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

和装小物の種類

和装小物は大きく分けて2種類、着物着用に必要な物と、着物姿を装飾するための物です。

着用に必要な物

・帯締め

帯の上中央に最後に締める紐のことです。

帯を結ぶ目的の他に装飾的な役割も強く、着物や帯の色、材質の調和が重要です。

組紐は平たく組んだ「平打」と、丸く組んだ「丸組」に大きく分けることが出来ます。

平打は幅や厚みがあり安定感があり、丸組は細身で結びやすいのが特徴です。

・帯揚

帯を結ぶときに帯枕の上にかぶせ、前で帯の上端におさめて飾る小布のことです。

最近では装飾性の強い帯揚が主流になっています。

素材は薄地の縮緬、紋綸子、化繊、絽や紗があります。

絞り、ぼかし染、模様染、無地などの他に刺繍や金銀箔を施したものまで豊富な種類があります。

・草履

原型は藁の草履でしたが、江戸時代に発達し明治時代に改良をされました。

現代では礼装から普段まで履ける種類がたくさん揃い、和装履物の主流となっています。

台の底は歯が無く平らで、鼻緒がすげられています。

素材は金銀の帯地や佐賀錦、錦織のほか畳表、エナメルなどがあります。

礼装用には、金銀のエナメル製や佐賀錦、錦織などかかとの高いものを履きます。

かかとが低く、台と鼻緒の違うものは街着やお洒落着に向いています。

・バッグ

草履とお揃いのものから、表地に織物を使用した礼装用、お洒落着や普段着に向いているカジュアルなバッグまで多種あります。

・衿芯

衿の形が崩れないように、長襦袢や半襦袢の半衿に芯として入れるものです。

目の細かい薄地の綿織物を用いるほか、ポリエチレンやナイロンなど合成樹脂で出来た衿芯が多くつかわれています。

・半衿

衿の汚れを防ぐために、あらかじめ地衿の上に掛ける「掛け衿」のひとつです。

素材は縮緬、塩瀬、羽二重、絽や麻などがあり、刺繍入りや総絞り、友禅染など華やかなものが好まれています。

・肌襦袢

肌に直接着用し、肌の汚れや汗を取るための下着です。

・裾除け

腰に巻き付けて使うもので足さばきの良い素材を用います。

長襦袢の裾汚れを防ぐ目的もあります。

・長襦袢

肌襦袢と裾除けの上に着用するものです。

袖丈は着物に合わせ、半衿を掛け、着物の裏汚れを防ぐ目的と保温効果もあります。

礼装用には白地を使いますが、普通の着物には色や柄染のものを用います。

・伊達締め

長襦袢や着物の前を合わせて締める幅の狭い単帯です。

博多織、正絹無地、絞り、化繊、ゴム地、などがあります。

一般に結びやすいように両端が柔らかい地風のものを伊達締めと呼び用います。

・腰紐

着付けに使う紐で腰帯とも言います。

着物が着崩れしないように、形を整えたり、おはしょりをするために結ぶ幅の狭い紐を呼びます。

素材は、メリンスを用いますが、化繊やくけ紐、しごき風の絹など多種あり、幅は5㎝程度が最適です。

・足袋

素材には、キャラコなどの綿100%が中心で、ほかに紬や麻、御召の生地を使用したもの、化繊と交織、などがあります。

留め金具であるこはぜは、3枚か4枚が主流です。

・帯枕

帯を結ぶときにお太鼓部分の形を整えて締める道具です。

帯結びの種類が多くなると共に、着物の格や、結ぶ形に合わせて大きさや型を選ぶようになります。

・帯板

帯を締める時、胴回りにしわが出来なように前に挟む板状のもので、前板とも呼びます。

布製やプラスチック製、ベルト付きなどがあります。

装飾用・その他小物

・髪飾り

髪飾りには、鼈甲や蒔絵、彫金、木、陶磁器のほか、宝石をあしらったものや、縮緬地を使ったものなど様々です。

・帯留め

帯留めは本来、帯締めの両端に付けた金具の事でしたが、現在は平打ちの帯締めに装飾的な飾り物を通して用います。

素材は、鼈甲、蒔絵、彫金、木彫、陶磁器、七宝、ガラスなど様々です。

結婚式など祝儀の場には、プラチナや金台にダイヤ、真珠、ルビーなど宝石があしらわれた上品なものを付けます。

カジュアルな着物には、彫金や七宝、蜻蛉玉、ガラスなど遊び心のあるものを選びます。

帯留めを付ける時の帯締めは三分紐が最適です。

・羽織紐

組み方、色柄が豊富な羽織紐は、羽織のデザインに合わせて紐選びを楽しむ人が増えています。

長さが同じでも厚みや太さで結びの感じが異なり、蜻蛉玉が付いているものなど、個性的な羽織紐で羽織をお洒落に着飾ります。

・末広

末広がりの形から扇子のことを末広と呼びます。

黒塗りの骨に金銀の地紙を貼ったものが一般的な祝儀扇です。

フォーマル全般に使える黒骨と、黒留袖以外の色留袖や訪問着に使う白骨があります。

カジュアルな蒔絵の骨、竹骨などは黒留袖以外で着物に合わせて選びます。

・衣装敷き

着物を広げたり畳んだりする際に重宝する和紙の敷物です。

小物類を汚さず整理が出来て、着付けの時にも使える便利小物です。

・風呂敷

風呂敷は古来よりものを包むことを目的とした方形の布帛のことです。

現在では、多目的な好みによって使用されていますが、和装小物としても人気が高いものです。

この他にも和装小物の種類はたくさんありますが、代表的なものをご紹介しました。

和装小物ってそもそも売れるのか?

和装小物は売れるのか?・・売れます!

種類によっては、美術品としての価値も高いものもあり、和装小物の人気は高まっています。

さらに、羽織紐のようにレトロ感のある小物類は、若い人を中心にお洒落なアクセサリーとして、またリメイク用としても需要があります。

自宅にたくさん眠っている小物類が思わぬ副収入に変わる可能性を秘めています。

和装小物が売れない場合って?

売れない和装小物とはどのような場合があるでしょうか。

1、襦袢や足袋のような肌に直接付けるもので、使用感のあるものは売れません。

2、草履やバッグなど、劣化があるもの、または購入時が古いものは売れません。

特に購入から時間が経っている草履は、履いてから30分くらいで鼻緒の部分が裂けてくることがよくあります。

3、素材がプラスチックなど合成樹脂の場合

鼈甲や珊瑚、柘植の木など天然素材で出来た小物は高額買取になりますが、プラスチックのような合成樹脂で出来たものは、売れない場合があります。

口コミからわかる和装小物の売買相場は

和装小物の買取相場を調べてみました。

種類が豊富であるため、買取価格にも大きく違いが出るようです。

着物着用に必要な足袋や腰紐などは、まとめて数十円から、帯留めなど美術品としても価値があり、素材が鼈甲など天然素材で、細かい細工が施されているものであれば数万円になるものもあります。

結果!和装小物の買取相場は、10円~数千円程度、平均価格は500円前後です。

売却時に注意することとは?

和装小物を売却する際に注意することを解説します。

1、肌着類は未使用品であることが重要

長襦袢や足袋、腰紐など使用感のあるものは、売れませんので注意して下さい。

また、未使用品であっても保管でシミが付いたものなども売れません。

2、劣化に注意

草履やバッグなど革製品の劣化は、一目では分かりにくいため新品のように見えますが、箱から出して数時間経つと、パリパリと剥がれていくケースがよくあります。

一度箱から出して状態を確認することをおススメします。

3、虫食いなど状態を確認する

革製品だけではなく、メリンスやべっ甲など素材によっては虫食いで穴が開いている場合があります。

一緒に収納していたものが、全て被害にあうことも珍しくなく、やはり一度虫干しをして状態を確認しましょう。

どういう種類が高く売れる?

和装小物で高く売れる種類とは?代表的な例をご紹介します。

帯締め

作家物・蜻蛉玉が付いたもの・絹素材などが高く売れています。

著名な和装小物の作家が手掛けたものであれば高値が見込めます。

帯留め・髪飾り

珊瑚・瑪瑙・象牙・べっ甲など希少な素材が使われている場合は使用済みであっても値段が付きます。

製造年代が特に古い和装小物(明治時代/大正時代/昭和初期/昭和後期)は骨董品や美術品として高値が付くケースもあります。

年代の古い和装小物は作りが繊細なものが多く、骨董品としての価値に加え美術品としての価値も見込まれます。

また、鼈甲は虫食いがあっても螺鈿など細工があれば値段が付きますので諦めないで下さい。

草履・バッグ

セットもの・帯とお揃いのバッグ・伝統工芸品・有名工房作品などが高く売れます。

さらに購入時の箱や付属品がセットで残してあると、高値で売れやすい傾向にあります。

高価で売れるコツ

和装小物は値段が付きやすい種類と付きにくい種類があると前述したとおり、買取価格に大きな差が出ます。

「買取価格を付けるのが難しいジャンルである」ため、高値で売るコツが必要ですね。

1、箱や付属品を付ける

2、保存状態を確認する

3、知識のある査定員に依頼する

4、売ると決めたのなら早めに売る

上記が和装小物を高く売るコツです!

売るとしたら、どういうところがいい?

1、リサイクルショップや質屋

一般的なリサイクルショップでは、和装小物はなかなか買取価格がつかないのが現実です。

有名作家の作品でも、リサイクルショップでは高額で販売しづらい現実があって高い買取価格を提示してきません。

小物類はまとめて値段を付けるリサイクルショップも多く、1点では値が付きません。

2、ネットオークションで出品する

インターネットオークションに出す方法です。

ネットオークションでも和装小物の需要はありますが、設定した金額で売れる保証は無く、出品の手間や梱包・発送を考えるとなかなか大変な作業です。

数が多く、小さいものは梱包や送料が思わぬ手間になることがあり、面倒くさいと諦める人も多いです。

また、売れるまでの保管をしなくてはならないので、保管状態はどんどん悪くなっていきますから、リスクも高いですね。

3、着物買取業者に依頼する

着物買取専門店には着物に精通した専門の査定員がいるので、作家物や有名産地のもの、価値の高い柄でも見極めることが出来ます。

特におすすめなのが、宅配買取よりも出張買取です!

宅配買取では価格に納得がいかない場合、返却送料が自己負担になることがあって査定は無料でもコストが掛かることがあります。

その点、出張買取ならキャンセル料も無料で、もちろん出張料・手数料なども掛かりません。

大量の和装小物もすっきり一度で処分が出来ます!

出張買取をおすすめしたい理由

【理由1、査定料、出張料、手数料が無料】

出張買取はネットから申込むだけと手軽で簡単、さらにすべての費用が無料で行えます。

上記でも触れましたが宅配買取の場合は、査定額に納得が出来ない時の返却送料が自己負担になる業者もあって、送料によるトラブルが口コミでも目立ちます。

【理由2、手間が掛からない】

出張買取では、自宅に査定員が訪問してくれるため、重い着物を運ぶ手間も必要ありません。

着物を梱包する手間と時間まで省けます。

さらに、一番のおススメポイントは手間が掛からないからまとめて売却が出来ることです。

細かい和装小物をまとめて整理した後、運ぶとなると大変面倒です。

とにかく数が多い小物類は、整理するだけでも処分を諦める人が多いですから、労働も時間も掛からない出張買取は女性に優しいサービスです。

【理由3、知識のある査定員が査定してくれる】

着物に知識がない人は、着物の価値が分からないので査定額が高いのか、安いのかも分からないですね。

その点、出張買取ではプロの査定員が対面で着物を査定してくれるので、分からないところは質問が出来ます。

リサイクルショップや宅配買取に不安がある人でも、知識が豊富な出張買取の査定員なら安心です。

帯留めのような価値の高い美術品でもしっかりと査定してくれます。

【理由4、その場で現金化出来る】

自宅で査定が終了、買取が成立すればその場で現金を受け渡してくれます。

おススメ出張買取業者ベスト3

和装小物を売るならココ!

おススメする出張買取業者をランキングで詳しく解説します。

1位、 バイセル

おススメランキング1位のバイセルは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇り、高額買取に自信があります。

出張査定を初めて利用する人でも安心できるように、女性の査定員を指名できるサービスも人気の理由です。

知識の豊富な査定員を取り揃えているので、着物に詳しくない人でも信頼して任せられます。

種類の多い和装小物でも知識豊富な査定員がしっかりと見極めて高額買取に繋げてくれます。

さらにバイセルでは、出張料などの費用は全て無料で、もし査定額に納得できなかった場合のキャンセル料も一切かかりません。

出張買取の地域は全国に対応しています。

>>バイセルの公式サイトはこちら

2位、着物買取プレミアム

2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

数が多くて細かい和装小物を持て余している人でも、一気に不要な小物を手軽に片付けられるのは、出張買取だけです。

>>買取プレミアムの公式サイトはこちら

3位、着物買取専門の福ちゃん

ランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

経験豊富な査定員が多く在籍しているので、質の高い黒紋付なら高額買取を期待してもいいでしょう。

更に福ちゃんでは、より高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

他社では断られるような小物でも、福ちゃんならまとめて買取が可能かも知れません。

また、着物買取ネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できることも1つのポイントです。

>>福ちゃんの公式サイトはこちら

以上の買取業者は、口コミの評判も高くアフターフォローや、クーリングオフ制度もしっかりしています。

押し買いなどで不快な思いをすることもなく、初心者や女性でも安心して着物の売却が出来ます。

まとめ

不要な和装小物がバラバラと、タンスの中に散らばっているのを見るとついそのまま放置していて、価値を下げてしまいます。

細かい小物も自宅に居て処分が出来る出張買取なら、面倒な手間も省けて副収入にも繋がります。

この機会にぜひ不要な和装小物を処分して下さい。