美しい着物姿をより引き立たせる帯は、礼装であれば袋帯がふさわしいとされています。

「着物一枚、帯三本」と言われているように、帯を変えれば着物の印象がガラリと変わり、一枚の着物で三通りの楽しみ方が出来るようになります。

それほど帯の役割は着物にとって重要な存在になります。

そのため、帯を大量に所有している人は少なくありませんが、帯は着物以上に重量があってタンスを占領されている状況にお悩みではありませんか。

袋帯をどのように処分すればいいのか、帯の価値を知って売却すれば損をすることはもうありません。

袋帯とは?

袋帯とは、一般的に表に柄があり、裏は無地のものを縫い合わせている帯のことです。

丸帯と呼ばれる最も格式の高い、広幅一枚で織りあげた表裏に柄が入った豪華な帯から、締めやすく庶民的に改良されたものが袋帯とされています。

袋帯は、丸帯と違って袋状で織るためこのような名前が付きました。

振袖や留袖、訪問着などをはじめ、様々な着物に合わせることのできる高級な帯で、帯としての格も、丸帯に次いで格の高い帯とされています。

袋帯や丸帯では、結び方でお太鼓部分を二重にして厚さを出す「二重太鼓(にじゅうだいこ)」と呼ばれる結び方を用います。

これは一重太鼓より格が高いといわれ、フォーマルな場でよく用いられます。

袋帯の種類

袋帯の種類は、その柄行や用途によって分類出来ます。

【全通】

表全体に柄があるもの 長さ4.2mより

【六通】

全体の六割程度、柄が入ったもの 長さ4.2mより

・柄行で大きくわけると上記の2種類に分けられます。

また、文様の種類では「正倉院文様」「有職文様」「幾何学文様」「名物裂文様」「吉祥文様」「具象文様」「抽象文様」など細かく分類していくとその種類は数えきれないほどになります。

【礼装用の袋帯】

箔をふんだんに織り込んだものや、吉祥模様などの重厚な袋帯は、主に礼装用となります。

着物もそれに合わせて格の高いものを選ぶので、高級感のある柄行の袋帯がふさわしいですね。

【振袖用の袋帯】

振袖用の袋帯としての種類はありませんが、振袖には華やかでボリュームのある帯が良く合います。

変わり結びをするので長めのものを選びますが、付け下げや訪問着にも合わせられます。

【織りの袋帯】

礼装用ではないが、少し高級感のある袋帯なので正装としても着用出来るものです。

【織りの袋帯(軽め)】

簡単な柄付けの袋帯には、着物も礼装過ぎないものを選びます。

普段着の位置づけとされる紬や小紋でも合わせられます。

紬や小紋のように軽めの着物を合わせる場合は、高級感のある着物を合わせるといいですね。

【しゃれ袋帯(錦織り)】

礼装用でなく、遊び心ある帯。

おしゃれ着として良く合い、着物もしゃれ味のあるものを合わせると着物通らしい着こなしが出来ます。

【しゃれ袋帯(紬織り)】

紬織りの袋帯は、紬の着物に良く合い、紬をおしゃれ着に変えてくれる帯です。

袋帯ってそもそも売れるのか?

たくさん袋帯を持っている人にとって、袋帯が売れるかどうか気になりますね。

袋帯は売れます!

ただ、袋帯の流通は着物以上であるため値段が付きにくい状況でもあります。

購入額は高額だったけれど、買取額を知ってがっかりすることが袋帯の現状と言えます。

袋帯が売れない場合って?

では、袋帯が売れない理由とは?詳しく解析してみましょう。

1、礼装用は売れない

袋帯でもっとも多い柄行が、礼装用の箔をふんだんに織り込んだものや、吉祥模様などの重厚な袋帯になります。

黒留袖と合わせて結婚式などに着用する袋帯でしたが、最近は洋装で済ませる人が多い為、需要が極端に減っています。

金銀箔を用いた袋帯は、柄が古いと感じるものが多いことも売れない理由です。

2、状態が悪い

着物全般に言えることですが、汚れやシミ、シワ、カビなどが目立つ物は売れない、または低価格になりやすいです。

特に帯は、前帯と呼ばれる腹柄の部分を汚しやすく、ここが一番目立つ場所でもあります。

また、一度締めた帯は中央に折り線が出来るため、保管状態が悪いと締めた跡がシワになるので、買取が出来ない場合があります。

素材は正絹であることが袋帯の売却には大前提である、化繊の袋帯は売れないことも忘れないで下さい。

3、柄行も重要

全通と六通の違いは先ほど説明しましたが、柄出しを気にしないで締めることが出来る全通に人気があります。

六通では、体形によって出る柄や場所に違いがあるためです。

口コミからわかる袋帯の売買相場は

ここから袋帯の売買相場を調査します!

袋帯には、有名作家作品も数多く存在していて、買取額にかなりの幅があることがわかりました。

さらに、状態や柄など考慮すると、一般的な帯の買取額は100円単位から、或いは一本では値段が付かないようです。

作家物でも人間国宝や有名織物でなければ、高い値段は期待出来ないようです。

ずばり!袋帯の買取相場は100円から数万円、平均価格は500円~2000円と言えます。

売却時に注意することとは?

袋帯を売却する時に注意することを詳しく解説します。

1.状態の確認

袋帯を買取してもらう時は、帯の状態を確認して下さい。

長期間の自宅保存でシミやカビ、シワなどが目立つ場合は簡単にお手入れをしておきましょう。

一度締めた帯には、締め跡も付きます。

綺麗に畳んでおかないと、締め跡はシワになって買取価格に影響されます。

2、証紙を付ける

袋帯を購入した際には必ず証紙や証明書が付いてきます。

帯には着物作家の作品が多く、落款が入っているにも関わらず証紙が無い為に査定額が低くされるケースもあります。

久保田一竹や龍村織物、川島織物など人間国宝作家の作品や有名工房の作品には、証紙があると額が驚くほど違います。

伝統工芸品もまた同様で、産地証明書を必ず保管しておきましょう。

どういう種類が高く売れる?

袋帯の中でも高額なものとなると、やはり産地や有名作家の作品であることが大切な条件になります。

龍村美術織物の袋帯などは高額買取が期待出来ますが、購入額も高価なため所有している人は少ないですね。

一般的な袋帯で高く売れる種類をご紹介します。

1、軽めの洒落帯

街着として着用出来る洒落帯は、金銀の箔が無い柄行が好まれます。

礼装で着物を着用しなくなった現在では、街着のお洒落着物を上手に着こなす人が増えています。

洒落帯は価格が高価な物が多いので、リサイクル品を選ぶ人が多いので販売もしやすい物です。

2、有名産地の物

西陣織や結城紬、博多織や芭蕉布など、有名産地で生産された袋帯は高値が期待出来ます。

産地によっては重要無形文化財という価値がつくこともあり、さらに買取価格のアップが狙える場合もあります。

特に帯の三大産地にも数えられている、博多(福岡県)、西陣(京都府)産の「博多織」「西陣織」は高く売れます。

3、有名工房の袋帯

代表的なものでは川島織物や河合美術織物、山口美術織物などが挙げられます。

証紙や桐箱入りで売られていることが多いので、桐箱の表書きなどで証明になる物もあります。

高価で売れるコツ

袋帯が高値で売れるコツとは?

・証紙や証明書を付ける

袋帯の高価買取を目指すなら証紙や証明書があることが重要です。

あると無いとでは、驚くほど価格に影響が出るもので、購入時や祖母や母から譲り受けた時に捨ててしまわないように注意して着物と一緒に大切に保管して下さい。

袋帯には作家物や有名工房の作品が多いと前述していますが、高価な袋帯であれば大事に保管しているはずです。

証紙が無ければその価値は下がってしまいますので、注意して下さい。

・シミやシワを付けたままにしない

締め跡が付いたものでも、保管時に綺麗に畳んであればそれほどのシワにはなりませんが、畳み方が悪いとお太鼓の部分にシワが入ってしまったり、前帯にシワが出たりします。

袋帯で肝心なお太鼓部分は特にしわ・シミに注意して下さい。

また、汚れたままで仕舞いこみをするとカビの原因にもなりますので気を付けておきましょう。

・売ると決めたら早めに売る!

袋帯を早めに手放すことも高く売る為には大事です。

袋帯の柄にも、流行や時代があって古い柄は売れない理由のひとつです。

年代を感じさせないためには、早めの処分をおススメします。

・リサイクルショップや知識のない店では売らない

リサイクルショップは販売を目的に買取を行っています。

そのため、その店の販売需要を一番に考えて買取価格を設定しているので、高価な着物も低い買取価格になりやすいです。

種類の豊富な袋帯の見極めは難しく、査定ではまとめて価格を付ける店が多いようです。

着物の知識が無いと、正しい査定が出来ないので高い買取価格には結びつきませんね。

以上が袋帯を高く売るコツです。

売るとしたら、どういうところがいい?

買取相場が低い袋帯を少しでも高く売りたい!

では、どういうところに売るといいでしょう。

1、リサイクルショップや質屋

一般的なリサイクルショップでは、着物はなかなか買取価格がつかないのが現実です。

有名作家の作品でも、リサイクルショップでは高額で販売しづらい現実があって高い買取価格を提示してきません。

その店のユーザーに合わせた着物を優先することもあるので、高級品を得意としているリサイクルショップを捜す必要もありますが、手間や時間が掛かりますね。

重量のある袋帯を運ぶ手間も考えると、やはりおススメ出来ません。

2、ネットオークションで出品する

インターネットオークションに出す方法です。

ネットオークションでも袋帯の需要はありますが、設定した金額で売れる保証は無く、出品の手間や梱包・発送を考えるとなかなか大変な作業です。

大量に出回っている袋帯は、値段の競争が激しい購入側が選択する範囲が広いなど、売れにくい状況にあります。

さらに、袋帯の重量は配送料が高くなるリスクも伴うので、価値のある帯も安い売値になってしまいます。

3、着物買取業者に依頼する

着物買取専門店には着物に精通した専門の査定員がいるので、作家物や有名産地のもの、価値の高い柄でも見極めることが出来ます。

重い帯を運び出す手間もありません

特におすすめなのが、宅配買取よりも出張買取です!

宅配買取では価格に納得がいかない場合、返却送料が自己負担になることがあって査定は無料でもコストが掛かることがあります。

その点、出張買取ならキャンセル料も無料で、もちろん出張料・手数料なども掛かりません。

出張買取をおすすめしたい理由

【理由1、査定料、出張料、手数料が無料】

出張買取はネットから申込むだけと手軽で簡単、さらにすべての費用が無料で行えます。

上記でも触れましたが宅配買取の場合は、査定額に納得が出来ない時の返却送料が自己負担になる業者もあって、送料によるトラブルが口コミでも目立ちます。

【理由2、手間が掛からない】

出張買取では、自宅に査定員が訪問してくれるため、重い袋帯を運ぶ手間も必要ありません

帯を梱包する手間と時間まで省けます

さらに、一番のおススメポイントは手間が掛からないからまとめて売却が出来ることです。

【理由3、知識のある査定員が査定してくれる】

着物に知識がない人は、袋帯の価値が分からないので査定額が高いのか、安いのかも分からないですね。

その点、出張買取ではプロの査定員が対面で着物を査定してくれるので、分からないところは質問が出来ます。

リサイクルショップや宅配買取に不安がある人でも、知識が豊富な出張買取の査定員なら安心です。

【理由4、その場で現金化出来る】

自宅で査定が終了、買取が成立すればその場で現金を受け渡してくれます。

おススメ出張買取業者ベスト3

私がおススメする出張買取業者をランキングで詳しく解説します。

1位、 バイセル

おススメランキング1位のバイセルは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇り、高額買取に自信があります。

出張査定を初めて利用する人でも安心できるように、女性の査定員を指名できるサービスも人気の理由です。

知識の豊富な査定員を取り揃えているので、着物に詳しくない人でも信頼して任せられます。

作家物や、有名産地、有名工房、柄が多種ある袋帯でも価値を見極めて、高額買取に繋げてくれます。

さらにバイセルでは、出張料などの費用は全て無料で、もし査定額に納得できなかった場合のキャンセル料も一切かかりません。

出張買取の地域は全国に対応しています。

>>バイセルの公式サイトはこちら

2位、着物買取プレミアム

2位は着物買取プレミアムです。

着物の買い取り専門店だからこそ高額買い取りを実現出来るため、現在業績を伸ばし続けている信頼性の高い専門業者です。

大量の買取ならさらに高額になるというから、大量の着物の処分に困っている人にはぴったりです。

持ち込みする手間も無く、大量の着物を一気に処分出来るので、女性や高齢の人でも1人で着物が処分出来ます。

着物好きの人なら数多く購入してタンスを占拠している袋帯の処分に困ってはいませんか。

一気に不要な袋帯を手間なくに片付けられるのは、出張買取だけです。

>>買取プレミアムの公式サイトはこちら

3位、着物買取専門の福ちゃん

ランキング3位は着物買取専門の福ちゃんです。

福ちゃんは、他店よりも1円でも高く買い取ってくれると評判の着物買取専門店です。

経験豊富な査定員が多く在籍しているので、質の高い黒紋付なら高額買取を期待してもいいでしょう。

更に福ちゃんでは、より高く買取ることが出来る理由として、専門店ならではの自社でクリーニング方法を挙げています。

自社でシミ抜きを行うことで、他社では引き取らないような状況の着物でも買取が可能となり、コストを抑えて、買取価格を高額に出来るというわけです。

また、着物買取ネットワークを活かし着物・和装小物を 流通させることができる強みが高価買取できることも1つのポイントです。

袋帯の最近の買取相場は下がっています。

帯の価値を査定出来る専門業者「福ちゃん」なら、損をすることはないはずです。

>>福ちゃんの公式サイトはこちら

以上の3社は、口コミの評判も高くアフターフォローや、クーリングオフ制度もしっかりしています。

押し買いや、しつこい勧誘をされることもないので、出張買取を初めて利用する人でも、不安はありません。

まとめ

袋帯の相場は年々下がって来ています。

その理由は、大量に流出していることや古い物が多いことなどです。

袋帯の売却を検討している人は、早めに手放すことが損をしない一番のコツだと言えます。

女性1人でも、高齢の人でも簡単で楽々に袋帯が処分できる出張買取をおススメします。